プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CEM Corporation

CEM CorporationがIntavis Bioanalytical Instrumentsの重要資産を買収

CEM CorporationがIntavis Bioanalytical Instrumentsの重要資産を買収

AsiaNet 81143 (2025)

【マシューズ(米ノースカロライナ州)2019年10月29日PR Newswire=共同通信JBN】CEM Corporationは29日、ドイツのケルンに本社があるIntavis Bioanalytical Instruments AG,の製造技術ラインを買収する正式契約の締結を発表した。この買収により、CEMは生命科学におけるプロテオミクス、インサイチューハイブリダイゼーション(ISH)と特にペプチド合成分野の商品提供を強化できる。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1018416/CEM_Corporation_Intavis_Acquisition.jpg

Intavisの製造技術はCEMのマイクロ波ペプチド合成に非常に補完的な独自のロボット合成技術を提供する。特に、樹脂か膜にペプチドを形成する小規模の高度に平行なフォーマットを含み、直接的なスクリーニングが可能である。対照的に、CEMのペプチド合成技術はより大規模できわめて迅速・効率的なペプチド生産をもたらす。この買収により、顧客はCEMの広い世界的サポートネットワークを通じて、ペプチド合成技術の完全なポートフォリオの恩恵を受けられる。

CEMのマイケル・J・コリンズ社長兼最高経営責任者(CEO)は「Intavisの製造技術ラインと独自のロボット技術を入手できて非常に喜ばしい。戦略的に、初期段階のリード識別から臨床前の現行適正製造基準(cGMP)に沿った商業化までのペプチドベースの治療法の開発を完全にサポートするCEMの能力を拡大する。加えて、この技術はCEMにとって新たなバイオサイエンス試料調製の機会を生み出す」と語った。

Intavis CEOのシュテフェン・ヒュエットナー博士は「CEMとともに働くのは光栄だ。この合意はIntavisの技術の偉大な未来を可能にし、当社が新たな発展に注力する道を開く」とコメントした。

4か月かかると予想される移行期間中、Intavisはその製品を販売・サポートし続ける。CEMはノースカロライナ州マシューズのグローバル本社でIntavisの機器を製造する。CEMは、グローバルサポートシステムを利用しているすべての既存のIntavis顧客への販売、サポート、サービスの全面的な責任も引き受ける。

▽CEMについて
CEM Corporationは米ノースカロライナ州マシューズを本拠とする株式非上場の技術企業である。CEMは世界のライフサイエンス、分析ラボラトリー、処理プラント向けの商品を設計、製造、販売している。英国、アイルランド、ドイツ、イタリア、フランス、日本に子会社を擁し、世界中に50を超える代理店ネットワークを持つ。

▽Intavis Bioanalytical Instrumentsについて
Intavisは生化学、分子生物学の複雑なプロトコルを自動化するシステムの開発、製造、販売の主要企業になった。INTAVISは2008年以来、チュービンゲンにあるHB Technologies AGグループの一部である。

ソース: CEM Corporation

▽問い合わせ先
CEM Corporation
Jonathan M. Collins
Vice President Business Development
jon.collins@cem.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ