プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

豊後高田市

文化庁選定・歴史の道百選に「六郷満山の峯入りの道」が選定

2019年10月29日

大分県豊後高田市

豊後高田市と宇佐市・国東市に跨る「六郷満山の峯入りの道」が、文化庁から歴史の道百選に10月29日(火)新たに選定

大分県豊後高田市(市長:佐々木 敏夫)の豊後高田市と宇佐市・国東市に跨る「六郷満山の峯入りの道」が、文化庁の選定する歴史の道百選に10月29日(火)新たに選ばれました。

国東半島一帯に広がる六郷満山において、約10年に1度行われる修行「峯入り」で通る道の内、
土道や尾根道が一定の長さで残っている場所について、今回選定を受けることとなりました。

九州の道で「信仰の道」として選定されるのは初めてのことです。
今回の選定で、大分県で選定された歴史の道百選は5件になります

文化庁選定・歴史の道百選 新選定「六郷満山の峯入りの道」について

1.選定の内容
 (1)名  称   
    六郷満山の峯入りの道
 (2)選定箇所   
    宇佐神宮~御許山(宇佐市)、長安寺~天念寺~無動寺~椿堂、前田~中山仙境(豊後高田市)
    ~大不動岩屋~岩戸寺、文殊仙寺付近(国東市)
 (3)概  容   
    国東半島の険しい山道や岩場を歩いて、六郷山の寺院や岩屋を巡り、所々で行法を行いながら、
    約160kmを踏破する修行の道である。峯入りの明確な記録は江戸時代になってからであるが、
    それ以前も行者による修行は行われていたと思われる。明治時代に峯入りは一度途絶えるが、戦後
    に再興され、一般の人々の信仰にも支えられて、現在も続けられている。
 (4)そ の 他   
    信仰の道(複数の国に跨って存在する信仰の道)による選定は、九州内でも初になります。
  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910292802-O5-OPVCI51O

☆豊後高田市内の著名なスポット
①天念寺耶馬
六郷満山の峯入りの道でも、最も険しいとされる行程の一つ。天念寺裏の御山には、古代以来の遺跡・遺構(岩屋・経塚など)が集まっている。鎖場を伝って向かうのは、断崖に架けられた無明橋。
  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910292802-O2-K42GfJx6
  天念寺耶馬をゆく行者 
 【豊後高田市公式HP】
  ・「天念寺耶馬及び無動寺耶馬」が国の名勝に指定されました!
  https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_03815.html

②中山仙境
六郷満山最古の古文書に「大魔所」と記される厳しい修行場。桁橋状の無明橋や、細い尾根を往く馬の背などの修行場が多い。山頂の高城付近からは、周囲の岩林から周防灘までが一望できる好視点場となっている。
  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910292802-O3-jO6iq5q2 】  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910292802-O4-uaICbi5z
  中山仙境・馬の背
 【豊後高田市公式HP】
  ・「中山仙境(夷谷)」が国の名勝に指定されました!
  https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_04237.html

2.選定までの経緯

歴史の道百選は、文化庁が選定する歴史的な道路・街道に関する選定制度で、歴史的街道や信仰の道などについて、土道・石畳などが、他地域と跨って、歴史的資産とともにあるものを選定するものです。
有識者による選定委員会による審査を経たものが選定を受けます。昭和53年から平成8年にかけて、78件の選定がなされており、大分県からは「日田・中津街道」「日田・竹田街道」が既に選定されています。

平成29年度には、残りの22件程度を選定するべく、文化庁から各都道府県に照会がありました。
六郷満山の峯入りの道は、総延長160kmにもなる長大な信仰の道で、路程には国宝の富貴寺や、重要文化財の熊野磨崖仏・真木大堂の諸仏・太郎天、国指定名勝の天念寺耶馬や中山仙境など、様々な歴史的資産が並んでいます。また、豊前国に所在する宇佐神宮とも非常に強い結び付きを持っており、複数の国に跨って存在することが条件となっている「信仰の道」として申請ができました。

特に土道や岩肌の尾根道がよく残されている箇所について、歴史的価値や状態についてまとめ、宇佐市、国東市と共同で文化庁に提出しました。
その後、選定委員会での審議を経て、令和元年10月29日に正式に選定をされる運びとなりました。

3.今後の動き
六郷満山の峯入りについては、現在、そのほとんどが文化財等による指定がなされていませんでしたが、一体的に評価をされることにより、道の保全・活用に関する取組が推進されます。
今後は国東半島峯道ロングトレイルなどの観光事業と連携し、より多くの人に魅力を知ってもらう取り組みを実施します。

【昭和の町・豊後高田市公式観光サイト】
・六郷満山
https://www.showanomachi.com/special/rokugomanzan.html

【豊後高田市公式HP】
・2019秋季 六郷満山ライトアップ&特別イベント
https://www.city.bungotakada.oita.jp/events/detail/482

【昭和の町・豊後高田市公式観光サイト】
・国宝富貴寺VR
https://www.showanomachi.com/events/detail/403
・大分交通の定期観光バスで、日本遺産"くにさき"を巡る
https://www.showanomachi.com/topics/detail/233

【六郷満山開山1300年サイト】
http://www.millennium-roman.jp/rokugou1300/about/
・2019 秋の期間限定イベント <奉祝>令和元年特別企画 神と仏と鬼朱印
http://www.millennium-roman.jp/rokugou1300/event/detail.php?94
・2019 秋の期間限定イベント 非公開文化財特別公開
http://www.millennium-roman.jp/rokugou1300/event/detail.php?95

【国東半島峯道ロングトレイル】
http://www.kunisakihantou-trail.com/

【昭和の町・豊後高田市公式観光サイト】
・[ふるさと納税で旅しよう] るるぶトラベル宿泊クーポン掲載スタート!
https://www.showanomachi.com/topics/detail/268

峯入り 1
天念耶馬をゆく行者
中山仙境・馬の背
中山仙境 2
六郷満山峯入
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ