プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Artprice.com

Artprice by Artmarketがストリートアーティストトップ25を発表

Artprice by Artmarketがストリートアーティストトップ25を発表

Artprice by Artmarketがストリートアーティストトップ25を発表  
Banksyの成功は市場における特異な現象ではありません

AsiaNet 81270

パリ、2019年10月24日/PRニュースワイヤー/ —
10月初旬に、オークション落札新記録となる1220万ドルが達成されました。これはストリートアーティストBanksy の作品によるもので、アート市場に強い印象を残しました。また今年4月には、香港のオークションでグラフティアート界のスターKawsが1480万ドルという記録を打ち出しています。それではJean-Michel BasquiatとKeith Haringの作品はどのような動きが見られているのでしょうか?

Banksyの匿名性にもかかわらず、ストリートアートはもはや無名のアートスタイルではありません。Sherpard Fairey (Obey)やInvadersの名を耳にしたことがない人はまれでしょう。Stikのクリエートするlittle menも広く知られています。ベルリンの壁からマイアミのウィンウッドに至るまで、ストリートアートは地元当局に許容され、ひとつのツーリストアトラクションとして機能するようになりました。アート市場にとって、街路/ストリートはアート発生の温床に昇華されたことになります。

ArtMarket.comならびにArtpriceの創立者兼CEO thierry Ehrmannの談話によれば、「長年にわたって違法行為とみなされてきたストリートアートが究極のラグジュアリーへと変貌し、多くのセレブリティにコレクションされるアイテムとなりました。Brad Pitt、Pharrell Williams、Leonardo DiCaprioの名がコレクターの一例として挙げられます。Basquiatは、しばしば友人のアパートの壁を塗り替えていました。今日、この行いに対して不平を唱える人はいないでしょう!一般的に人間社会にとって、とりわけ権力サイドにとって「まずは不平を唱え、アマチュアやプロの反応に合わせて最終的に許可する」ことはよく見られる現象でしょう。アート市場は、一般的な認知の一歩先を行く傾向があります。この好例が、ArtMarket.comの本部を擁したカオス邸です。カオス邸はまったくこの通りの軌跡をたどり、今や最先端の現代美術館として知られるようになりました。フランスのNouvel Observateur誌上で発表されたJulien Bouissetの最新記事では、「カオス邸、将来の美術館のプロトタイプ」という実に的確な描写がなされています」。

記事をさらに読む: https://www.nouvelobs.com/2049/20191022.OBS20117/la-demeure-du-chaos-prototype-du-musee-de-demain.html

動画を見る: https://www.youtube.com/watch?v=29LXBPJrs-o&feature=youtu.be

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1016821/Artprice_Infographic.jpg
(左)Banksy、Haring、Kawsのオークション年間売上高
(右) Kaws – Untitled (SM1) (2000) – 17万6500ドル、SBIアートオークション、東京、2018年12月3日
(c) Kaws

フランスの「Journal special des Societes(企業特別報)」75号ではストリートアートをめぐる法的状況が取り扱われ、「Le street art au carrefour des droits(ストリートアートと法の交錯地点において)」というタイトルがつけられています。Francoise Labarthe によるイントロダクションでは、「今日、ストリートアートやアーバンアートといったコンセプトは、単にロケーションに結びつけられたものではなくなりました。この種のアートは「ムーブメント」であり、自身を表現する手段となりました。実際に、ストリートアーティストが必ずしも街路上で作品を製作する必要はありません。ストリートアートは完全にフレキシブルなコンセプトとなり、ギャラリーに展示される作品となり、「アーバンアートフェア」で取り扱われるものとなりました。ストリートアートは、犯罪的な違法行為から合法な行為、不名誉なものから広く認知されたもの、刹那的なものから永遠の存在へと変貌を遂げました」。

同号に、ストリートアーティストMiss.Ticのインタビューも掲載されています。「アーバンアートは反社会的で非合法的な性質のものか」という問いに対し、アーティストは「あらゆるアート流派と同じく、非合法的なものとして始まり、公認のものになった。もともと反逆的な性質を帯びていたが、今日のストリートアートにはこのような側面はなくなった。もちろんその反体制的な側面は失われていない。私自身の考えがそうであるように…。ストリートペインティングは、事前の同意なしにコンセンサスを乗り越えない限り、反体制的なものにはなりえない」と述べ、「ストリートはスポットライトを浴びる場として機能しうる。しかし、今日のストリートは市場となり経済の場になった」とつけ加えています。

全文を読む: https://www.jss.fr/JSS_AS_WEB/DOC/JSS/2019/JSS_75.pdf

2019年度 ストリート/グラフティアーティスト オークショントップランキング25*
⋆2019年1月1日から2019年10月20日まで

アーティスト – 出身国 – オークション売上高 (2019 *)
1.Jean-Michel BASQUIAT – アメリカ – 9384万9000ドル
2.KAWS – アメリカ – 9030万5600ドル
3.Keith HARING – アメリカ – 2644万5400ドル
4.BANKSY – イギリス – 2459万4500ドル
5.INVADER – フランス – 150万7800ドル
6.STIK – イギリス – 118万4800ドル
7.JONONE – アメリカ – 71万700ドル
8.Shepard FAIREY – アメリカ – 62万3300ドル
9.FUTURA 2000 – アメリカ – 32万8300ドル
10.MR BRAINWASH – フランス – 25万8800ドル
11.VHILS – ポルトガル – 20万4300ドル
12.BLEK THE RAT – フランス – 17万4500ドル
13.RETNA – アメリカ – 14万5100ドル
14.JR – France – 12万5800ドル
15.CRASH – アメリカ – 11万7900ドル
16.SPEEDY GRAPHITO – フランス – 10万9400ドル
17.A-ONE – アメリカ – 9万9300ドル
18.SEEN – アメリカ- 6万5000ドル
19.C215 – フランス – 6万ドル
20.QUIK – アメリカ – 5万4700ドル
21.FAILE – アメリカ – 4万9800ドル
22.ZHANG Dali – 中国 – 3万1300ドル
23.D * FACE – イギリス – 2万1700ドル
24.SWOON – アメリカ – 2万300ドル
25.COPE2 – アメリカ – 1万7600ドル

2019年度のオークション売上高ランキングは、市場における明らかなストリートアーティストの勢力拡大を示しています。

– Kawsは、セカンダリーマーケットにおいてBasquiatにほぼ匹敵するアーティストとなりました。
– 今年度のInvaderとStikは、ともに100万ドルを超える売上高をすでに記録しています。
– イギリスとフランスのアーティストを前に、アメリカのストリートアーティストによるセールスが大幅にリードを見せてます。
– Zhang Daliによって、中国が国際的なストリートアート市場に参入しています。

Zhang Daliは、現在パリのダニーズギャラリーにおいて「From China with love」と題された個展を開催しています(2019年11月30日まで)。

展示リンク:
http://magdagallery.com/en/exhibitions/presentation/128/from-china-with-love

Copyright 1987-2019 thierry Ehrmann www.artprice.com – www.artmarket.com

Artmarketについて:

Artmarket.com は、Euronext Paris、SRD long only および Euroclear によってEurolistに記載されています。7478 – ブルームバーグ:PRC – ロイター:ARTF

動画でArtmarketとArtpriceを見る:https://en.artprice.com/video

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEOthierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who’s who (c)内の公式バイオグラフィーを見る:
https://imgpublic.artprice.com/img/wp/sites/11/2019/10/biographie_oct2019_WhosWho_thierryEhrmann.pdf

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3000万件以上のアート指標とオークション結果、70万人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8000を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7200)。450万人のログインメンバーが、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artprice by Artmarketによる2018年度グローバルアート市場報告は、2019年度3月に発表されています:https://fr.artprice.com/artprice-reports/le-marche-de-lart-en-2018

ArtmarketとArtpriceによるプレスリリースのインデックス:
http://serveur.serveur.com/press_release/pressreleasefr.htm

フェイスブックとツイッターで、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:
https://www.facebook.com/artpricedotcom  (フォロアー数450万人)
https://twitter.com/artmarketdotcom
https://twitter.com/artpricedotcom

ArtmarketとArtpriceのアルケミーの世界をご覧ください。
http://web.artprice.com/video

有名なOrgane現代美術館内のカオス邸に置かれたArtmarketと Artprice本部 のアルケミーと世界をご覧ください: https://issuu.com/demeureduchaos/docs/demeureduchaos-abodeofchaos-opus-ix-1999-2013

https://www.facebook.com/la.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999
(フォロアー数400万人)

https://vimeo.com/124643720
https://www.facebook.com/the.demeure.du.chaos.theabodeofchaos999

Artmarket.comをご覧ください。Artpriceへのコンタクトはir@artpriceまでお願いいたします。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/817151/Artprice_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ