プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

花王株式会社

バイオフォトン発生量と肌状態(角層水分量・表面粗さ)の関係

2019年10月29日

花王株式会社

バイオフォトン発生量が多い肌で
角層水分量の低下や表面粗さの増加を確認
紫外線によるダメージの蓄積が肌変化となってあらわれることを示唆

 花王株式会社(社長・澤田道隆)スキンケア研究所・生物科学研究所・解析科学研究所は、将来の光老化を未然に防ぐことをめざし、微弱な生体発光バイオフォトンを利用した独自の肌ダメージ評価の研究に取り組んでいます。このたび、紫外線照射1~3分後のバイオフォトン量が多く、活性酸素種などによる目に見えないダメージを受けやすい肌ほど、角層水分量の低下や表面粗さの増加などの肌変化が起きていること、また、実際に、紫外線を多く浴びた肌でも同様の変化が起こることを確認しました。
 これらの結果から、紫外線のダメージは、角層水分量の低下や表面粗さの増加などを経て、光老化につながっていくと推察されました。
 今回の研究成果は、「第49回欧州研究皮膚科学会」(2019/9/18~21)にて発表しました。

背景
 紫外線は、肌に日やけを生じさせるだけでなく、将来的にシミ・シワ・たるみなどの光老化を引き起こすことが知られています。その主な要因が、紫外線を浴びたときに肌内に発生する過酸化脂質をはじめとする活性酸素種です。これらを肉眼で見ることはできませんが、花王は、活性酸素種の発生に伴って生じる微弱な生体発光現象バイオフォトンに着目。中でも紫外線照射1~3分後に発生するバイオフォトン量を計測することで、紫外線を浴びた際の過酸化脂質量を推測できること、さらにそのバイオフォトン量が肌表面にはあらわれないほどのわずかな肌ダメージを表す指標になることを発見し、2019年6月に報告しています※1。これら一連の研究から、紫外線照射1~3分後のバイオフォトン量が多い肌は、紫外線によるダメージを受けやすい状態であることもわかってきました。
※1 2019年6月10日 花王ニュースリリース
「微弱な生体発光現象バイオフォトンにより、紫外線による目に見えない肌ダメージをはかる新しい評価法を開発」

バイオフォトン発生量が多い肌で角層水分量の低下や表面粗さの増加を確認
 今回花王は、バイオフォトン量が多い肌では、そのダメージが蓄積し、肌状態に何らかの変化が生じているのではないかと考えました。
 そこで、20代女性43名を対象に、紫外線照射1~3分後のバイオフォトン量を測定し、併せて、さまざまな肌性状との関係を検討しました。その結果、バイオフォトンの発生量が多くダメージを受けやすい肌では、角層水分量が低下し、表面粗さが増加する傾向があることを見出しました(図1)。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910172259-O1-02001Ib6
紫外線ダメージの蓄積が光老化につながる肌の初期変化を引き起こす
 シミやシワなどの肌悩みを気にする方が増えるのは、概ね30代以降です。しかし、紫外線によるダメージは日々蓄積されていくことから、光老化につながるような変化は、もっと早い段階からあらわれているのではないかと考えました。
 そこで、シミ・シワなどの肌悩みが少ないとされる20代の女性を対象に、紫外線曝露量の違いによる肌状態の変化を調べました。6歳から最近までに太陽光にさらされていた標準的な時間を、生活習慣や屋外レジャー活動に関するアンケート調査※2から予測。低曝露群(22名)と高曝露群(21名)で比較したところ、高曝露群の肌は、低曝露群と比べて角層水分量が有意に低いこと、表面粗さが有意に増加していることが明らかになりました(図2)。
※2 Arch. Dermatol. 144, 217-22 (2008)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910172259-O2-l6HfepP3
まとめ
 バイオフォトンの発生量が多く、紫外線による見えないダメージを受けやすい肌ほど、日々さらされる紫外線によって肌内部でのダメージが蓄積しやすく、角層水分量の低下や表面粗さの増加といった肌変化となってあらわれている可能性が示されました。また、肌悩みが顕在化していない20代であっても、紫外線に多くさらされている肌では、角層水分量の低下や表面粗さの増加が確認されました。このことから、紫外線によるダメージが蓄積されることでこれらの肌変化が起こり、これがひいては将来の光老化につながっていく可能性が考えられました。
 これからも、紫外線から徹底的に肌を守り将来の光老化を未然に防ぐ新たな技術開発を進めていきます。

図_バイオフォトン①
図_バイオフォトン➁
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ