プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Apacer Technology

Apacer TechnologyのNANDフラッシュの最適化精度は抜群

Apacer TechnologyのNANDフラッシュの最適化精度は抜群

AsiaNet 81234 (2079)

【台北2019年10月29日PR Newswire=共同通信JBN】
費用と性能の理想的なバランスを探る

NANDフラッシュは成熟した技術となっており、現在、利用可能なさまざまなフォーマットが既に多くの産業用途で採用されている。しかし、標準オプションを超えたいという要望により、Apacerは確実なNANDフラッシュ技術の最適化を開発した。これらの最適化の目標は、顧客の用途に最適なP/Eサイクルの量を提供することである。

Apacerは以前、SLC-liteとして知られるNANDフラッシュ最適化の1形式を開発した。SLC-liteの背景にある中心概念は、2D MLCをSLCのように動作させることである。MLCは2ビットを保存できるが、2ビットのうちの1つ、最下位ビット(LSB)のみをプログラムすることで、セル・ディストリビューションはSLCフラッシュとほぼ同じように動作する。耐久性は大幅に向上し、2万P/Eサイクルに達する。標準の2D MLCは3000P/Eサイクルにしか到達できない。

しかし、3D NANDフラッシュ技術の成熟により、Apacerのエンジニアは3D NANDドライブ用にSLC-liteと同様のプロセスを開発した。この技術の2つの新しい形式は、SLC-liteXおよびMLC-liteXと呼ばれる。SLC-liteXは3D NAND技術をベースにしている。このファームウエアは、MLCあるいは産業用3D TLCの10倍の3万という、このフォーマットにおける最大数のP/Eサイクルを提供するため、Apacerのエンジニアリングチームによって注意深く調整されている。合理的な費用で最長の寿命が得られるのはそのためである。

MLC-liteXも3D NAND技術をベースにしている。このファームウエアは、MLCや産業用3D TLCの3倍以上のP/Eサイクル(1万)を提供できるよう微調整されている。寿命をさらに延ばしつつ、費用対効果の最適化を実現している。

3D NAND TLCの標準ビットフォーマットは、1つのセルに3ビットを保存する。MLC-liteXは3ビットのうち2ビットのみをプログラムする。つまり、MLC-liteXの容量は3分の1だけ減少する。このトレードオフの利点は、P/Eサイクルが増加することである。このようにして、SLC-liteXは3ビットのうちの1ビットだけをプログラムする。そうすれば容量は3分の2削減され、さらに多くのP/Eサイクルが得られる。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191021/2616592-1
3D Nand Flash Typeチャート

▽Apacerについて
Apacer Technology Inc.は、SSDとDRAMモジュールの世界大手のメーカーである。Apacerはメーカーとして20年以上の経験があり、Gartnerによって5年連続で産業用SSDサプライヤーのトップにランクされた。同社のコアバリューは、信頼性とイノベーションを軸に展開している。

ソース:Apacer Technology

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ