プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Saudi Arabia Shares

サウジアラビアが日本で開催のG20観光相会合で観光の未来に向けたビジョンを共有

サウジアラビアが日本で開催のG20観光相会合で観光の未来に向けたビジョンを共有

AsiaNet 81309 (2119)

【北海道(日本)2019年10月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*サウジ観光・国家遺産委員会会長のアハマド・カティブ閣下が日本のG20観光相会合で演説
*サウジアラビアの歴史的な初の観光ビザ発給開始から1カ月で4万7000以上の観光ビザが既に発行
*サウジアラビアは観光部門をGDPの3%から10%に成長させることを目指しており「持続可能な開発目標」に沿った同部門の開発へのコミットメントを再確認

サウジアラビア王国は、日本で開催された主要20カ国・地域(G20)観光相会合におけるサウジ観光・国家遺産委員会(Saudi Commission for Tourism and National Heritage、SCTH)会長のアハマド・カティブ閣下の演説で、観光の未来に向けたビジョンを共有した。

閣下の演説は、サウジアラビアが同国初となる観光ビザの歴史的な導入により世界に門戸を開いてからちょうど1カ月後に行われた。開始から最初の1カ月で4万7000以上のビザが発給され、旅行者らは多様な文化、豊かな遺産、美しい風景など以前には国外からの旅行者が探索できなかったものを初めて体験できることになった。

G20観光相会合での演説で閣下は、全ての人々の成功をサポートする繁栄する社会と多様な経済を構築するという「ビジョン2030」の目標に沿って新興の観光産業を開発するというサウジアラビアの戦略を説明、共有した。閣下はまた、G20観光相宣言の採択を歓迎するとともに「国連の持続可能な開発目標」への観光の貢献を推進するサウジアラビアの取り組みを繰り返し強調した。

この会合は、世界で最も急速に成長している経済部門の1つである観光を、同国が2020年のG20議長国を務める際の議論の主要な優先事項の1つとして位置付けるサウジアラビアの計画を提示する機会となった。

日本での2019年G20観光相会合に際し、サウジ観光・国家遺産委員会会長のアハマド・カティブ閣下は次のようにコメントした。「本日の会合を通じて育まれた温かい歓迎と魅力的な対話に対し、赤羽一嘉氏(国土交通相)と日本政府に感謝したい。われわれはまた、来るべきG20議長国としてのサウジアラビアの観光の優先事項を提示する機会を得たことに感謝したい。来年、サウジアラビアはG20議長国を引き受ける栄誉を得るが、われわれは観光を主要な優先事項の1つに据える計画である。それは観光が社会的にも経済的にも世界経済に大きな貢献をしていると認識しているからだ」

「新興の観光目的地として、サウジアラビア王国は世界に門戸を開くことに興奮している。われわれは、単に経済成長の推進力としてだけでなく、認識、理解、尊敬を深める重要な文化的架け橋として観光の価値を認識している。また、これに伴う責任についても強く認識している。過度の開発と制御されていない計画は、観光目的地を独自のものにする基盤を簡単に損なう可能性がある。観光が今日の、そして明日の世代に役立つためには、持続可能なものでなければならない」

「われわれの戦略は、観光をサウジアラビアのGDPの3%から10%に成長させ、訪問者の数を2030年までに年間1800万人から1億人に増加させることである。これにより、主に若者の間で100万人の新規雇用が提供されることになろう。これらの目標を達成するためにわれわれは、観光のエコシステム全体にわたってパートナーと協力し、他方で観光の影響を受ける地域社会の経済的、環境的、社会的福祉を保護していくことにコミットしている」

「来年の議長国として、これまでのG20の遺産からさらに拡大し、世界の観光産業全体の真に持続可能な社会経済的開発の創出に向けて協力していきたいと希望している。われわれは、これらの議論を継続し、さらにあなた方全てを2020年にサウジアラビアに迎えるのを楽しみにしている」

G20は世界最大の経済圏を結集し、最も重要な世界的課題を議論する。サウジアラビアの議長国は2020年11月21-22日のG20サミット(首脳会議)で終了する。

2020年の議長国の一環として、観光関連の問題は議題の不可欠な部分である。強調される優先事項には、非正規雇用や、観光の影響を受ける地域社会の経済的、環境的、社会的福祉を保護するための集団的対策などの問題が含まれる。

編集者注意

以下のリンクにアクセス可能

*Saudi Tourism information pack
https://www.dropbox.com/sh/n7pzqw80fh6ls3w/AAC1TObifSgxtJSbNErdVtTaa?dl=0
*Saudi Tourism picture bank
https://www.dropbox.com/sh/v6q9wd0nrc8nycv/AABF-XCEGIJaiMlf6A1SO3Bea?dl=0
*Saudi Tourism B-roll footage
https://www.dropbox.com/sh/nmfdr5cyhestapc/AACyVxe5CiTv7a-yk3oDjuJCa?dl=0
*Factsheets on some of the major attractions in Saudi Arabia
https://www.dropbox.com/sh/hz5rdoqz4m589qq/AAD8FcTW0SgacypcI43TBRZva?dl=0

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1017964/Saudi_Commission_for_Tourism_and_National_Heritage.jpg

ソース:Saudi Commission for Tourism and National Heritage

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ