プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hengtong Group

Hengtong CABLESCOMが「POR TI」健康習慣プログラムに参加

Hengtong CABLESCOMが「POR TI」健康習慣プログラムに参加

AsiaNet 81290 (2109)

【蘇州(中国)2019年10月25日PR Newswire=共同通信JBN】Hengtong CABLESCOMはこのほど、Fundacion IbercajaおよびHospital Quiron Saludと連携し、健康習慣に関する感作およびトレーニングの完全なプログラムを中心に体系化された「POR TI」プログラムに参加した。

同プログラムの期間は9カ月である。さまざまな分野の著名な専門家を招き、健康食品、精神的健康、身体的健康の3つの側面から同社の従業員をトレーニングする。

人事部長のイザベル・バンゾ氏は10月18日(金曜)、「POR TI」プログラムにHengtong CABLESCOMを代表して参加した。プログラムは、他の地元企業のGrupo Sess、Libelium、Pastas Romero、Podoactivaと共有している。各企業は、自社の従業員の中から9人のボランティアのグループを選抜、彼らは年間を通してさまざまな活動に参加し、情報や助言、ならびに適切なトレーニングを受け、健康習慣を日常生活に取り入れて他の同僚と共有できるようにする。こうして、健康習慣の採用は、横断的に従業員自身から会社へと一体化されていく。

ibercaja foundationの最高責任者であるホセ・ルイス・ロドリゴ・エスクリグ氏は、これは「イノベーション」計画であり、企業の社会的責任の推進に影響を与え、また、同じ目標を持つ企業間のつながりを促し「職場環境を改善し、従業員の帰属とコミットメントの意識を促進する」と強調した。

▽Hengtongについて
Hengtong Groupは、光ファイバー、電力、海底・オフショアケーブル、EPCターンキーサービス・保守、ならびにインターネット・オブ・シングス、ビッグデータ、電子商取引、新素材、新エネルギーにまたがる幅広い専門知識を持った国際的組織である。

Hengtongは、70の完全所有会社と持ち株会社(うち3社は上海、香港、インドネシアの証券取引所に上場)を持ち、10の製造施設が欧州、南米、南アフリカ、南アジア、東南アジアにある。世界の30を超える国・地域で営業所を運営し、130カ国以上に製品を供給している。

詳しい情報はhttp://www.hengtonggroup.com/en/ を参照。

ソース:Hengtong Group

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ