プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品の温室効果ガス削減目標が 「Science Based Targets(SBT)イニシアチブ」の認定を取得

2019年10月28日

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品の温室効果ガス削減目標が
「Science Based Targets(SBT)イニシアチブ」の認定を取得

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、当社の掲げる温室効果ガス削減目標について、Science Based Targets(SBT)イニシアチブから認定を取得しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910212354-O1-6710JLv5

SBTイニシアチブとは、国際NGOのCDP、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)による国際的な共同イニシアチブで、パリ協定が目指す世界の平均気温上昇「2℃未満」の達成に向け、科学的根拠に基づく削減シナリオと整合した企業のCO2排出削減目標を認定しています。
詳細についてはこちらhttps://sciencebasedtargets.org/companies-taking-action/をご覧ください。

今回、認定された目標は以下の通りです。

◆当社のCO2削減目標
・ 2030年までに温室効果ガスの排出量(スコープ1+2)を2017年比で30%削減
・ 2030年までに温室効果ガスの排出量(スコープ3)を2017年比で20%削減
   スコープ1 自社での燃料の使用や工業プロセスによる直接排出
   スコープ2 自社が購入した電気・熱の使用に伴うエネルギー起源の間接排出
   スコープ3 そのほかの間接排出

大鵬薬品ではこの新たな目標の達成に向けて、エネルギー利用の最適化や再生可能エネルギーの導入などを実施し、引き続きバリューチェーン全体での温室効果ガス削減を推進し、持続可能な社会の実現への貢献を目指します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ