プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Asia's 50 Best Restaurants 2020

2020年の「アジアのベストレストラン50」は日本で開催

2020年の「アジアのベストレストラン50」は日本で開催

AsiaNet 81259(2082)

【武雄(日本)2019年10月25日PR Newswire=共同通信JBN】
2020年3月24日に開催される栄光の第8回授賞式は佐賀県がホストに

「アジアのベストレストラン50」は、2020年3月24日に開催される次回の年次恒例行事と授賞式について、日本の佐賀県がホスト地となることを発表する。

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191023/2619531-1LOGO-b
Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191023/2619531-1LOGO-a

武雄市で開催される授賞式と包括プログラムでは、佐賀県の豊かな食文化、類を見ない伝承技術および当地農業を披露する。

佐賀県には良質な海の幸へのアクセス、職人的な調理技術や田園風景の中で育った農産物が豊富にあり、栄光の授賞式を開催するには理想的な場所だ。

「アジアのベストレストラン50」のコンテンツ・ディレクターを務めるウィリアム・ドリュー氏は「私たちは、佐賀県がサンペレグリノ&アクアパンナがメインスポンサーの2020年「アジアのベストレストラン50」をホストすることに興奮している。佐賀県は豊かな食文化と農産物に恵まれた土地だ。参加者が美しい田園地帯を訪れ、本物の日本の味を体験する機会となるだろう」と述べた。

これまでの成功に積み上げ、2020年のプログラムには3月23日(月)に予定された新たなベスト50トークや魅力的な食と文化の旅が含まれる。

佐賀県の山口祥義知事は「2020年「アジアのベストレストラン50」の参加者に佐賀の素晴らしい自然を紹介できることを大変うれしく思う。アジアを主導するシェフたちは、お互いの仕事に触れることで佐賀の食品生産者との関係を深めるだろう。そしてこの相互作用によって生まれる料理やコラボレーションを楽しみにしている」と述べた。

第8回「アジアのベストレストラン50」は、アジアのベスト女性シェフやベストパティシエ(スポンサーはベローナ)を含む個人部門の勝者にも栄誉を与える。また、アメリカン・エキスプレスのアイコン賞、ミーレのワンツーウオッチ賞、エストレージャ・ダムがスポンサーのシェフズチョイス賞も授与される。

▽「アジアのベストレストラン50」の選出方法について
このリストは、影響力のある300を超えるアジアのレストラン業界の集団である「アジアのベストレストラン50」アカデミーの投票により作られており、それぞれアジアのレストランシーンの専門家の意見によって選ばれる。各地域の選考委員は、フードライターや批評家、シェフ、レストラン経営者、そして高く評価されている「美食家」から構成され、アカデミーは男女同数のバランスとなっている。

投票についての詳細:
http:// www.theworlds50best.com/asia/en/our-manifesto.html

メディアセンター登録:
https:/ / www.theworlds50best.com/asia/en/media-centre-registration.html

ソース:Asia’s 50 Best Restaurants 2020

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ