プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Menarini I.F.R.

ノーベル賞受賞者ルイス・イグナロ氏がメナリニ国際財団科学委員会に参加

ノーベル賞受賞者ルイス・イグナロ氏がメナリニ国際財団科学委員会に参加

AsiaNet 81278(2100)

【フィレンツェ(イタリア)2019年10月25日PR Newswire=共同通信JBN】彼の発見は何百万人もの人生を変えた。その洞察力によって、世界で最も権威ある科学の栄誉を獲得した。今日、ノーベル医学賞受賞者ルイス・イグナロ博士を迎えた「Fondazione Internazionale Menarini(メナリニ国際財団)」の使命に彼の価値ある経験が寄与するだろう。

ニューヨークのブルックリンにイタリア移民の息子として生まれたイグナロ氏は、子供のゲームで初めて実験をした8歳で化学への愛着が芽生えた。この情熱が衰えることはなく、ニューヨークのコロンビア大学での輝かしい学術的経歴と他の米国の一流大学での長い研究期間の後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に加わった。「循環器系における一酸化窒素の作用の発見での貢献」でノーベル医学生理学賞を受賞したのはこの時期である。勃起不全と高血圧の治療に一般に利用される医薬品の開発は彼の研究のおかげである。イグナロ氏はNitric Oxide Society(一酸化窒素学会)創設者の1人であり、現在、UCLA医学部分子医学薬理学科の薬理学教授である。

ルイス・イグナロ氏は財団とのこの楽しみな協力についてロサンゼルスから「複数の米国の大学で教えてきて、私はいつもメナリニ国際財団の事業に感謝してきた。会議やインターネットでのその教育活動はかけがえのない科学資産だ。この協力のおかげで、私は研究者、臨床医、学生、若い人々の科学教育に寄与し続けられる」と語った。

メナリニ国際財団のロレンツォ・メナリニ会長兼科学ディレクターは「わが科学委員会にイグナロ教授を迎えるのは光栄だ。彼の経験の手助けにより、われわれはメナリニ国際財団の組織上の目的である生物学、薬理学、医学、経済学、人間科学の分野の研究と理解をさらに促進し続ける」とコメントした。

「Fondazione Internazionale Menarini(メナリニ国際財団)」の詳細はウェブサイトを参照: https://www.en.fondazione-menarini.it/

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1017026/Louis_Ignarro.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1017025/Menarini_Logo.jpg

ソース: Menarini I.F.R.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ