プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Pepticom and Yissum

Pepticom社がシリーズAラウンドで500万ドルを調達

Pepticom社がシリーズAラウンドで500万ドルを調達

Pepticom社がシリーズAラウンドで500万ドルを調達
エルサレムに本拠を置くスタートアップ企業がAIを活用して創薬を加速

AsiaNet 81272

(2019年10月24日 – エルサレム)本日、人工知能ペプチド創薬の分野をリードするPepticom社は、シリーズAラウンドでチャータードグループから500万ドルを調達したことを発表しました。  

Pepticom社の独自の人工知能(AI)技術は、ペプチドに基づく最先端の創薬を行う研究者の能力を合理化し、大幅に加速します。ペプチドはさまざまな治療で使用され、非常に選択的かつ効果的であるだけではなく、比較的安全であると認識されています。最近では、製薬業界のペプチド研究および開発に対する関心が高まり、医薬品候補としてのペプチドに再び注目が集まっています。しかし、命を救う可能性がある新しいペプチドを発見するプロセスは、非常に高いコストと時間がかかります。  Pepticom社のAI技術は、膨大な数のソリューションを調査し、開発中に失敗するリスクを大幅に減らすことで、最先端のペプチドに基づく医薬品候補の速やかな発見を可能にします。

Pepticom社の技術は、可能性のある1030もの分子を含むケミカルスペースに対応します。これは現在のスクリーニング能力を大きく上回ります。同時に、溶解性や浸透性といった性質を有する最も適した医薬品候補を抽出します。薬理学的な影響を考慮し、早期の段階で実現不可能な分子を排除しながら大量の要素を処理する能力は、ペプチド創薬において画期的なことです。Pepticom社の技術は、迅速かつ包括的な方法で、創薬コストを削減します。

チャータードグループの戦略的な投資により、新しいAIモデルの開発を推進し、分子発見の効率をさらに高めながら、開発の次の段階におけるリスクの低減を目指します。Pepticom社の創業者兼CEOであるImmanuel Lerner氏は次のように述べています。「チャータードグループによる500万ドルの投資は、Pepticom社の技術と事業の推進能力に対する信頼の証です。Pepticom社は既に創薬期間を約1年も短縮しており、この投資によってこの期間がさらに短くなることが想定されるため、上市までの時間が大幅に短縮されるでしょう。」

チャータードグループは、以前にも有望なイスラエルの「ディープテック」企業に投資しており、欧州、東アジア、日本において幅広いネットワークを有しています。チャータードグループ会長のEyal Agmoni氏は次のように述べています。「当社は、Pepticom社のペプチド創薬におけるAIの応用技術と、イスラエルのハイテク業界を信頼してこの投資を実行しました。」ヘブライ大学の技術移転企業であるYissumのCEO兼社長であるYaron Daniely博士は次のように述べています。「Pepticom社の独自のAIプラットフォームは、多面的なコラボレーションを可能にします。Yissumは、ペプチド創薬に革命をもたらすPepticom社と協働できることを非常に楽しみにしています。この資金調達により、Pepticom社の独自の技術開発と具体的な応用がさらに進むことになります。 AIを製薬とバイオに結び付けるというPepticom社の画期的な技術プラットフォームは、創薬に対する革新的なアプローチであり、ヘブライ大学の集学的な研究能力を浮き彫りにしています。」Pepticom社はYissumのスピンアウト企業です。

Pepticom社について
Pepticom社はイスラエルにある非公開のAI企業であり、より良い、またより健康的な世界のためにAIペプチド創薬ソリューションを提供することに注力しています。新興のペプチド創薬ソフトウェアソリューション、AI、および予測ツールの分野をリードする企業であり、研究センター、製薬会社、農業法人が時間、コスト、リスクを低減しながら、革新的な分子の発見の加速化を可能にします。Pepticom社はさまざまな国で事業を展開しています。過去の成功事例には、代謝性疾患に対応するペプチド分子や免疫調節薬の発見などがあります。Pepticom社は、2011年に、ヘブライ大学の技術移転企業であるYissumから技術ライセンスを供与され、ヘブライ大学の集学的な博士号取得者から構成される優秀なチームによって設立されました。

チャータードグループについて
チャータードグループはヨーロッパとアジアにおいて事業を展開、世界6拠点(日本、シンガポール、ドイツ、タイ、ルクセンブルク、イスラエルを含む)において350人以上の従業員を擁しています。チャータードグループは、投資銀行業務、信用貸付、不動産・ホスピタリティおよびハイテクの4つの主要事業セグメントに分類されます。

https://mma.prnewswire.com/media/1016434/Yissum_logo.jpg
https://mma.prnewswire.com/media/1016461/Pepticom_logo.jpg
https://mma.prnewswire.com/media/1016773/The_Chartered_Group_Logo.jpg

お問い合わせ
Dr. Maayan Elias, Ph.D., MBA, BSc. Pharm – Business Development Officer (BDO)
E-mail: maayan.elias@pepticom.com
http://www.pepticom.com

Pepticom社
Pepticom Ltd.
Building 2/1
Hi-Tech Park, Edmond J. Safra Campus
Givat-Ram, Jerusalem
P.O. Box 39142, Jerusalem 9139002 Israel

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ