プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

内閣府 子供の貧困対策推進室

子供の未来応援フォーラム 開催

令和元年10月吉日

内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付
参事官(子どもの貧困対策担当)

「子供の貧困」に取り組む意義・目的を共有する場に!
子供の未来応援フォーラム 開催

【鳥取会場】
日時:令和元年11月14日(木) 14:00~16:00(予定)
会場:とりぎん文化会館 小ホール(鳥取市尚徳町101-5)

【徳島会場】
日時:令和元年12月4日(水)  14:00~16:00(予定)
会場:あわぎんホール 大会議室(徳島市藍場町2-14)

【富山会場】
日時:令和元年12月10日(火) 14:00~16:00(予定)
会場:富山市民プラザ アンサンブルホール(富山市大手町6-14)

【東京会場】
日時:令和元年12月18日(水) 13:15~16:00(予定) 
会場:時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)

※各会場ともフォーラム終了後に、自由交流を予定しています。

 内閣府は、令和元年11月14日(木)の鳥取市、12月4日(水)の徳島市、12月10日(火)の富山市、12月18日(水)の東京と全国4か所で、「子供の未来応援フォーラム」を開催します。
 子供の貧困をなくすためには、官公民の応援ネットワークを構築し、子供たちをあたたかく見守る人、困った時に相談できる人が身近にいる社会をつくることが大切です。内閣府では、「子供の未来応援国民運動」(※)を推進しており、特に、経済社会の中核を担う企業の関心拡大が極めて重要と考えています。
 本フォーラムでは、子供たちを草の根で支援している団体や、子供の貧困対策に取り組んでいる企業などの事例を共有し、来場者がそれぞれの立場で子供の貧困対策に取り組む意義や目的、「自分たちに合った取組方法」「連携(マッチング)の相手」などを見つけ、支援への一歩を踏み出していただくことを目指しています。

 東京会場では、株式会社大和証券グループ本社代表執行役社長CEO 中田誠司氏にご講演いただき、子供の貧困に関する自社の活動やなぜ証券会社が子供の貧困問題に取り組むのかなど経営者の視点で本問題に関してお話しいただきます。続いて、独自に子供の貧困対策に取り組む団体の発表や、企業の取組事例などをご紹介します。
 本フォーラムはこれまでに「子供の貧困対策マッチング・フォーラム」の名称で、平成28年度に3か所、平成29年度に8か所、平成30年度4か所(計15か所)開催しています。

<子供の未来応援フォーラム【東京会場】開催概要>
■タイトル:子供の未来応援フォーラム~子供の貧困×SDGs~
■主催:内閣府
■後援:文部科学省、厚生労働省、独立行政法人福祉医療機構、日本商工会議所、日本経済団体連合会(いずれも申請中)
■詳細/参加申込:※申込は下記内閣府ウェブページにて後日開始します。
 https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/ouen-forum/r01/kaisai.html     
■内容:※内容については変更になる場合がございます。
    13:15 主催挨拶 内閣府 子供の貧困の現状、国の取り組み、国民運動について
    13:40 講演 中田誠司氏 (株式会社大和証券グループ本社代表執行役社長CEO)
    14:15 活動紹介(企業・団体の取組など)
        自由交流

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910252626-O1-DfOX264k
中田 誠司氏(なかた せいじ)プロフィール
1960年生まれ。83年早稲田大学政治経済学部を卒業し大和証券入社。大和証券SMBC執行役員等を経て、2007年大和証券グループ本社執行役に就任。09年取締役、16年代表執行役副社長を経て17年4月大和証券グループ本社代表執行役社長に就任。

<子供の未来応援フォーラム【鳥取・徳島・富山会場】開催概要>
■タイトル:子供の未来応援フォーラム~なくそう、子供の貧困~
■主催:内閣府
■内容:※内容については変更になる場合がございます。
    14:00 主催挨拶 内閣府 子供の貧困の現状、国の取組、国民運動について
        講演 
        活動紹介(企業・団体の取組など)
        自由交流

※子供の未来応援国民運動について
 子供たちの将来が生まれ育った環境によって閉ざされることのないよう、また、貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図るとともに、すべての子供たちが夢と希望を持って成長していける社会の実現を目指すという方針の下、官公民の応援ネットワークによる国民運動を推進しています。
 平成27年4月2日に国民運動発起人集会が開催され、国民運動の趣意書が採択。同年10月より本格的に国民運動プロジェクトを始動。各種支援情報の発信や支援を必要とするNPO等団体と支援を希望する企業等のマッチングの推進、「子供の未来応援基金」による草の根で活動しているNPO等団体に対する支援などを行っています。国民運動推進事務局は内閣府、文部科学省、厚生労働省及び独立行政法人福祉医療機構により構成。

【子供の未来応援プロジェクト】
 https://www.kodomohinkon.go.jp/
【子供の未来応援国民運動Facebookページ】
 https://www.facebook.com/kodomonomiraiouen

【フォーラム開催実績】
 平成28年度は横浜市、札幌市、京都市の3か所で、平成29年度はさいたま市、新潟市、姫路市、高松市、仙台市、長野市、福岡市、柏市の計8か所で、平成30年度は、東京、盛岡市、周南市、名古屋市で開催しました。子供たちを支援しているNPOなどの団体と、そこに協力している企業、関心の高い個人、教育・福祉などの関係機関が一堂に会し、具体的な支援に向けて情報を共有するなど、このフォーラムを通じて支援の輪がさらに広がっています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910252626-O2-93gjk63M 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910252626-O3-f8ISsY48 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910252626-O4-N1EuSjhp

平成28年度・横浜会場
中田 誠司氏
平成29年度・柏会場(自由交流の様子)
平成30年度・東京会場
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ