プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Plasan Sasa

プラサンがストリートドローン・オープン・オートノミー・プラットフォームをイスラエルに導入

プラサンがストリートドローン・オープン・オートノミー・プラットフォームをイスラエルに導入

AsiaNet 81266

ササ(イスラエル)、2019年10月24日/PRニュースワイヤー/ —
プラサン(Plasan)との独占提携により、ストリートドローン(StreetDrone)のソフトウェア、ハードウェア、ソリューションがイスラエルで使用できるようになりました。プラサンの地域供給とサポートで、ストリートドローンの自律走行車とテストエコシステムがイスラエルのモビリティーハブ、都市、大学、自律走行車試験施設に配備されます。

ストリートドローンは、スタートアップ企業、イノベーションラボ、学術・研究機関など様々な顧客が迅速に自律走行に進めるよう、独自の自律運転対応車とオープンソースのソフトウェアシステムを提案しています。この数年間に顧客はストリートドローンのトゥイジ―(Twizy)、ゾエ(ZOE)、日産e-NV200などに見事に自社の自動運転システムを組み込み、自動運転技術を広範囲に展開しました。

プラサンの能力と存在感に支えられ、同社はストリートドローンの車両のみで編成した自律走行フリートで、あるいはストリートドローンのオープンソース自動運転システムをどのような車両にでも組み込むなど、様々な方法で自社のソリューションを活気に満ちたイスラエルのスマートモビリティー・エコシステムに提供できるようになりました。この柔軟性とモジュール方式が、自律走行車の世界の数多くの企業や機関の多様なニーズに応えるのです。

ストリートドローンには自社の「運転ロボット」をトゥイジ―、ゾエ、e-NV 200の車両に作り上げた、自律的でオープンアクセスの世界で最も安全な電子制御システムがあります。ほとんどの自律走行車が自動運転用ではない運転システムにハッキングして走行を可能にしているのに対し、ストリートドローンのソリューションは公道で自動運転技術をテスト、分析、配備する確かな手段を提供します。

イスラエル国内の顧客はプラサンの現地サポート、車両設計・エンジニアリング、モデリング、シミュレーション、複合材料に関するプラサンの最先端の能力、現地の統合ロジスティクス支援(Integrated Logistics Support)を受けられるため、自社チームのコア技術の範囲内でパズルのピースに集中し、他はプラサン・ストリートドローン・チームに任せればよいのです。

プラサンCEOのダニ・ジブは、次のように述べました。「ストリートドローンの類まれな自律走行プラットフォームをイスラエル市場に導入できることに興奮しています。これにより、急速に成長中で次世代車両を決定づけるのであろう、新たな分野にプラサンのサービス範囲は拡大します。この分野でイスラエルトップの地位に加わることを非常に嬉しく思います」

ストリートドローンの創立者、マーク・プレストンは、次のように付け加えました。「イスラエルの自動車プラットフォームのトップメーカーであるプラサンは、当社にとってこの地域の必然のパートナーです。同社のおかげで、この最先端のエコシステムにある多数の企業や機関に密接で徹底したサポートを提供することが可能になり、顧客はストリートドローンが自律走行車両や関連システムの研究開発促進のために特別に開発した製品で多大な利益を挙げることができます」

詳しくは、autonomy@plasan.com までご連絡ください。   

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1016425/StreetDrone.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ