プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Saildrone, Inc.

Saildrone, Incが大西洋の東から西への初の無人自律横断を達成

Saildrone, Incが大西洋の東から西への初の無人自律横断を達成

AsiaNet 81244 (2086)

【ニューポート(米ロードアイランド州)2019年10月23日PR Newswire=共同通信JBN】SD 1021として知られる全長7メートル(23フィート)の無人水上艇(USV)が、大西洋の東から西への横断を達成した初の自律艇となった。SD 1021は2019年8月15日、英国のリミントンを出発して北大西洋を横断する直航ルートを航行、2019年10月22日にロードアイランド州ニューポートで横断を達成した。3402海里(6301.59キロメートル)の横断には68日かかった。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1016011/Saildrone_SD1021.jpg

SD 1021はもともと、メキシコ湾流の温度と炭素を測定する科学的任務を負って、2019年1月にニューポートから大西洋横断の冒険を開始した。SD 1021は、保守のためバミューダに停泊した後、航海を続け、メキシコ湾流に乗って欧州に向かい、イングランド南海岸のソレントに到着した。ニューポートに戻った後、SD 1021は最速の無人大西洋横断の記録を保持しただけでなく、両方向からの大西洋横断を達成した唯一の無人水上テクノロジーとなった。

Saildroneのリチャード・ジェンキンス創業者兼最高経営責任者(CEO)は「Saildroneプラットフォームの耐久性、信頼性、科学的測定機能はますます強化されている。2019年、当社のsaildroneは南極を周航し、北極で700日間、後退する氷縁をサンプリングして北海での最初の調査を完了、そして今回は過酷な北大西洋を両方向から横断した。われわれが測定できない未凍結の海はなくなった」と語った。

▽SAILDRONEについて
Saildrone, Inc.は、saildronesと呼ばれる計100隻の無人自律水上艇団が収集した、高解像度の海洋、大気データを提供している。風力と太陽光を動力源とし、二酸化炭素排出量ゼロのSaildrone USVは、科学グレードのセンサー一式を搭載、海洋研究や天気予報に使われるデータを収集している。Saildronesは最長12カ月間、洋上にとどまることが可能で、衛星を経由しリアルタイムでデータを送信している。

今回の任務およびその他のSaildroneの任務の詳細については、以下を参照。
https://www.saildrone.com/news/first-autonomous-vehicle-atlantic-crossing-east-west

ソース:Saildrone, Inc.

▽問い合わせ先
press@saildrone.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ