プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

カクタス・コミュニケーションズ(Cactus Communications)

Scholarcyとカクタスが提携を発表

Scholarcyとカクタスが提携を発表

AsiaNet 80903

ロンドン、2019年10月24日:学術コミュニケーション、メディカルコミュニケーション、そしてテクノロジーソリューションを提供するカクタス・コミュニケーションズは、Scholarcyと提携する運びとなりました。このパートナーシップは、研究者の学術コミュニケーションにおけるプロセスの迅速化を目指すものです。

Scholarcyのミッションは、文献レビュー、論文執筆、出版の全段階において、研究者や学生の生産性を上げることにあります。Scholarcyの論文閲読補助エンジンは、簡潔なサマリー作成、重要な研究成果の抽出、キーワードの解説、そして論文内にある全引用のリンクを提供します。

設立者兼CEOのフィル・グーチ(Phil Gooch)は次のように述べています。「論文の出版数はかつてないほど増えています。昨年の立ち上げ以来Scholarcyは、テクノロジーを駆使して論文の閲読時間を減らし、関連研究の情報を自動的に抽出することで、世界中のリサーチ・コミュニティに貢献してきました」そして、「私たちのテクノロジーが作り出す、コンピューターで読み取ることができ、かつ体系的にまとめられたデータによって、著者や出版社は多くの読者にコンテンツを広めることができます。カクタス・コミュニケーションズとの提携により、より多くの研究者のリサーチ・コミュニケーションを確実に進化させる機会を得られたことをうれしく思います」と述べています。

2002年に設立されたカクタスは、世界各国の371,000人以上の研究者とともに、100万本以上の論文を出版するお手伝いをしてきました。フラッグシップブランドであるエディテージは、論文出版のあらゆる段階においてさまざまな成果物やサービスを提供しています。

カクタス・コミュニケーションズのCEO兼共同設立者であるアビシェック・ゴエル(Abhishek Goel)はパートナーシップについて次のように述べています。「毎日8,000本以上の論文が出版されているということは、日々それを上回る数の論文が執筆されているということを意味します。われわれは、研究者の生産性を高めることで、彼等が本業である研究に費やす時間を増やしたいと考えています。Scholarcyは同じ目標に向かってイノベーションに取り組むすばらしいパートナーと言えるでしょう」

カクタスは学術コミュニケーションにおけるプロセスを進化させることを目標としており、Scholarcyとの提携は、これに向けたイニシアチブの1つです。

カクタス・コミュニケーションズについて
2002年設立。学術およびメディカル・コミュニケーション、AIソリューションを提供するグローバル企業であり、東京、ソウル、上海、北京、ロンドン、ニュージャージー、ムンバイ、バンガロール、シンガポールにオフィスを構える。カクタスは一般顧客向けに英文校正、学術翻訳、論文投稿支援を提供する「エディテージ」と、製薬企業および医療機器メーカーに戦略的なコンテンツ・ソリューションを提供するメディカルコミュニケーション事業部の2つを主力ビジネスとし、900人以上の正社員と3000人のフリーランサーを擁し、これまで191ヵ国362,000人の研究者、医師にサービスを提供し、1,200の分野で100万本以上の論文を校閲してきた。カクタスのビジョンは、研究者の時間を最大限に活用し、学術研究における地域と言語の壁を超え、進歩を促進することである。

カクタスのサービス、ブランド、パートナーシップについての詳細はこちら。
www.cactus.co.jp

For further information write to: newsroom@cactusglobal.com

本プレスリリースについて詳細な情報をご希望される場合、以下にメールをお寄せください。 newsroom@cactusglobal.com

Scholarcyについて
2018年に設立されたScholarcyはロンドンを拠点とするスタートアップ企業です。自然言語処理と機械学習を用いて、文献レビューにかかる時間の短縮を実現するとともに、著者や出版社にとっては、自身のコンテンツを体系化したフォーマットで広めることが可能になります。Scholarcyのwebライブラリーを利用する世界中の研究者は、APIを通じて論文が閲読される可能性をよりいっそう高めています。

Scholarcyのサービス詳細はこちら。
www.scholarcy.com
Scholarcyについて詳細な情報をご希望される場合、以下にメールをお寄せください。
info@scholarcy.com

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/973096/Cactus_Communications_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ