プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

IHS Markit

IHS MarkitとHundsun Technologiesが合弁で中国債券市場に電子ブックビルディング提供

IHS MarkitとHundsun Technologiesが合弁で中国債券市場に電子ブックビルディング提供

AsiaNet 81211 (2064)

【ロンドン、香港2019年10月23日PR Newswire=共同通信JBN】重要な情報、分析、ソリューションの世界的リーダーであるIHS Markit(NYSE:INFO)は23日、Hundsun Technologies(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2618306-1&h=2467953016&u=http%3A%2F%2Fwww.hundsun.com%2Fen%2F&a=Hundsun+Technologies )(Hundsun)と合弁企業を設立し、中国本土での債券シンジケーション用に新しいエンドツーエンドの電子ブックビルディングソリューションを提供すると発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/768006/IHS_Markit_Logo.jpg

杭州に設立される合弁会社は、IHS Markitのグローバルで優れた電子債券シンジケーションプラットフォームとHundsunの国内市場の専門知識、機関投資家ネットワークを結合する。この新しいソリューションにより、各銀行はリアルタイムで共同で新しい取引を市場に公開、条件を伝え、他の重要な取引情報を販売デスク、他の銀行、オンショアおよびオフショア投資家と基準に準拠した形式で共有し、ワークフローとシンジケートの効率を最大化することができるようになる。

IHS Markitのアダム・カンスラー金融サービス部門プレジデント(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2618306-1&h=2981087603&u=https%3A%2F%2Fihsmarkit.com%2Fexperts%2Fadam-kansler.html&a=Adam+Kansler )は「この合弁事業は、急成長する中国債券市場の透明性と効率性を高める手助けとなる重要な一歩である。Hundsunと協力してシンジケーションプラットフォームのグローバルなコネクティビティーを拡張し、国内債券市場向けに最適化された新しいソリューションの採用を促進することを楽しみにしている」と語った

Hundsunのペン・チェンガン会長は「中国は市場開放のペースを加速している。IHS Markitの国際的な経験と高度なプラットフォームの導入により、国内市場向けにクラス最高の電子ブックビルディングソリューションを開発できることに興奮している。また、われわれの初の中国と外国の合弁会社設立は、新しいビジネスチャンスをグローバルに模索するのに役立つだろう」と語った。

中国は米国に次ぐ世界2位の債券市場であり、同業界は手作業のシンジケートワークフローから電子プラットフォームに移行する態勢が整っている。電子プラットフォームは債券発行プロセスにおける情報調整やその他の運用リスクの課題を最小限に抑える。中国では2019年上半期に推定21兆7200億元(3兆ドル超)の債券が発行された。

IHS Markitが投資コミュニティーと共同で運営するIssueBook、IssueNet、Deal Monitor、Investor Accessサービスは、中国本土以外のすべての地域で債券シンジケーションに使用される主要な電子プラットフォームである。現在、このネットワーク上には200超の銀行と360以上のアセットマネージャーがいる。

Hundsun Technologiesは1995年、杭州で設立され、2003年に上海証券取引所のメインボードに上場した。Hundsunは、金融ソフトウエア、テクノロジー、ネットワークサービスを機関資本市場に提供する中国有数のプロバイダーで、仲介と取引、ミドルオフィスとバックオフィス、受託者業務をサポートしている。Hundsunの顧客には中国の大手銀行、証券会社、先物会社、ファンド、信託、保険会社、取引所、プライベートエクイティなどがある。2019年9月、HundsunはIDC FinTechのGlobal 100に12年連続で選ばれ、43位にランクされた。

合弁会社設立は、2019年1月にIHS MarkitとHundsunが調印した了解覚書の主題だった。

▽IHS Markit(www.ihsmarkit.com)について
IHS Markit(NYSE:INFO)は、世界中の経済を牽引する主要産業と市場向けの重要な情報、分析、ソリューションの世界的リーダーである。同社は、企業、金融、政府の顧客に次世代の情報、分析、ソリューションを提供し、彼らの運用効率を向上させ、十分な情報に基づく、自信を持った意思決定につながる深い知見を提供している。IHS Markitには、Fortune Global 500の80%や世界の大手金融機関を含む5万以上の企業、政府顧客がいる。ロンドンに本社を置くIHS Markitは、持続可能で収益性のある成長にコミットしている。

IHS Markitは、IHS Markit Ltd.および/またはその関連会社の登録商標である。その他全ての会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標である可能性がある(c)2019 IHS Markit Ltd. 無断複製・無断転用禁止。

ソース:IHS Markit

▽問い合わせ先  
Patricia Poon
IHS Markit
+852 3742 1000,
patricia.poon@ihsmarkit.com

Press Team
+1 303 858 6417
press@ihsmarkit.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ