プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

The People's Government of Shenyang City

瀋陽グローバルサミットが産業インターネットの鋭敏でコネクテッド、インテリジェントな未来を強調

瀋陽グローバルサミットが産業インターネットの鋭敏でコネクテッド、インテリジェントな未来を強調

AsiaNet 81199 (2063)

【瀋陽(中国)2019年10月22日新華社=共同通信JBN】近年の科学技術発展の継続によって、中国の産業インターネットは開発の「ファストレーン」に乗り、従来の製造を高度化する重要なブースターになった。瀋陽市人民政府によると、産業インターネット部門の専門家と起業家100人以上が中国東北部の遼寧省省都、瀋陽に結集した。10月18日に開幕し、スマート製造の知見を提供するIndustrial Internet Global Summit(産業インターネット・グローバルサミット)に出席するためである。

イベントが設置した最先端技術の「体験回廊」で、清華大学基礎産業訓練センターが開発した工業製品用デジタルシミュレーション・プラットフォームが多くの出席者を引き付けた。プラットフォームは3Dディスプレーターミナルとダイナミックキャプチャー・システムの助けを借りて、インタラクティブな製品設計、デジタルプロトタイプ評価、仮想組み立て、その他の機能を実現し、効果的な製品開発デジタル手段と製造システムシミュレーションを提供する。

技術発展に伴い、企業は製品設計を望めばコンピューターシミュレーションを使って将来、鋳型を開くことなく部品製造と組み立て工程をデモすることができる。これは効率を高めてコストを削減し、製品が消費者需要に最大限対応することを確実にする。

瀋陽の産業インターネット大手、SIASUN Robot & Automation Co., Ltdも、自律性ある制御可能な産業ソフトウエアと制御プラットフォームをリリースした。ソフトウエアシステムから産業用制御チップ、支援ハードウエアまで、フルシステムセットをカバーするプラットフォームである。さまざまなデバイスの高速、高精度で複雑度が高い動きの要請を満たすだけでなく、異なるコントローラーとアプリケーションの個別ニーズにも応え、アプリケーション開発と詳細なカスタマイズに利用可能である。

SIASUNのク・ダオクイ創業者は「中国の産業システムはなお、先進的なソフトウエアとプラットフォームが不足している。従って、中国独自の産業ソフトウエアと制御プラットフォームを、前者をコアとして開発することが必要である。」と語った。

中国工程院の会員、柴天佑氏によると、産業インターネットの開発はなおいくつかの課題に直面している。人工知能(AI)技術との高度な統合や産業インターネットシステム構造、機能システム、自律性、制御可能性、それらの実装手段を欠いているというのである。

産業インターネットとAIをより良く統合する方法について、ドイツのインダストリー4.0専門家でテクニカルアナリストのウルリッヒ・センドラー氏は、まだ先は長いと語った。

センドラー氏によると、産業インターネットとAIの収束により、機械は歴史データを学習し、工業生産用のソリューションを自動的に与えることができる。このような産業AIはさまざまな部門と技術を結集して開発され、その過程で徐々に達成されなければならない。

ソース:The People’s Government of Shenyang City

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=348436

The Industrial Internet Global Summit
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ