プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Far East Hospitality

Far East HospitalityがThe Clan Hotel開業でラグジュアリーを再考

Far East HospitalityがThe Clan Hotel開業でラグジュアリーを再考

AsiaNet 81112(2014)

【シンガポール2019年10月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*2020年第2四半期に開業予定のシンガポールで最初のThe Clan Hotelは、ノスタルジックなストーリーを持つモダンラグジュアリーホテル

シンガポールの大手ホテル・サービスレジデンス運営企業であるFar East Hospitalityは17日、ITB Asia 2019(アジア国際ツーリズム・マーケット展2019)で記者会見を行い、Far East Hospitalityのアーサー・キョン最高経営責任者(CEO)がまもなく開業するモダンラグジュアリーホテルのThe Clan Hotel Singaporeを紹介した。Far East Hospitalityのポートフォリオに加わる最新ブランドのThe Clan Hotelは、新世代の旅行者にとってラグジュアリーが意味するものを再考することをグループのビジョンとして深く刻み込む。

マルチメディアリリースの全文は以下を参照:
https://www.prnasia.com/mnr/feh_201910.shtml

過去6カ月間に記録された海外からの訪問者のうち、25歳から44歳までの旅行者は平均で全体の41%を占める(注1)。これは将来有望な世代で、57%(注2)が世界を旅行し、見聞を広めることを願望リストのトップに挙げている。キョン氏は「目利きで物事に精通した彼らは、ユニークで心に残る体験を楽しむために適度な金額を余分に支払う用意がある。この新しい世代の旅行者は、これまでの常識の枠を越えてラグジュアリーを定義する」と述べた。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612720-1-a
(The Clan Hotel Singaporeの完成予想図)

キョン氏は「体験主導型の旅行への機運の拡大に対応するため、われわれはThe Clan Hotelでラグジュアリーに新たな視点を持ち込むという課題に取り組んだ。入念にキューレーションしたタッチポイントを通じて、より多くの旅行者をより深い文化交流と場所に対する強い思いをもたらすユニークな体験につなげたい考えであり、シンガポールが触発するホスピタリティーである顧客中心のアプローチに忠実であり続ける」と付け加えた。

▽The Clan Hotel Singapore:ノスタルジックなストーリーを持つモダンラグジュアリーホテル

2020年第2四半期に開業予定のThe Clan Hotel Singaporeは、新たなブランドで開業する最初のホテルである。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612720-1-b
(ジェリル・タン氏の撮影による、ブルーアワーにクラブストリートから眺めるThe Clan Hotel)

モダンラグジュアリーホテルのThe Clan Hotel Singaporeは、過ぎ去った時代と、この国に広く存在し国を築いた、希望、願望と友情のパイオニア精神に着想を得ている。ホテルのあらゆる面は、親類関係やコミュニティーの感覚を引き起こすオーセンティックなタッチでデザインされ、そこではゲストは内部の人として、似た考えを持つ人々のクラブの一員としての待遇を受ける。

324室のホテルには、スーペリアルーム、デラックスルーム、プレミアルーム、グランドプレミアルームの4つの部屋タイプがあり、これは、ゲストの旅程のあらゆるステップで帰属意識を呼び起こすために高度にカスタマイズされたサービスを提供する、ホテルのMASTERシリーズルームの一環である。これらの部屋には、空港での即時ルームチェックイン、リムジン送迎、手荷物配送、中国茶と伝統的軽食が供されるウェルカム・ティーセレモニー、工芸茶とエッセンシャルオイル・ローラーを含むターンダウン・サービスが含まれる。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612720-1-c
(アイク・ベン・チア氏の撮影による、The Clan Hotel Singaporeを背景にしたテロックアヤ通りの路上理髪師)

ホテルは文化と商業の交差点に位置し、ラッフルズプレイス、コリヤーキー、ワンフラトンの商業ビルや、ファーイーストスクエア、テロックアヤ・ストリート、アモイストリート、クラブストリート、アンシャンヒル、ラオパサ、チャイナタウン付近の昔ながらの街路、マリーナベイやガーデンズ・バイ・ザ・ベイなどシンガポール独特の観光スポットからわずか数分の距離にある。

▽The Clan Keeper Collective
ゲストと近隣コミュニティーをつなぐ存在としての地位をさらに確立するため、キョン氏は17日、シンガポールの文化、伝統、工芸の管理者とクリエーターのネットワークであるThe Clan Keeper Collectiveを発表した。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612720-1-d
(The Clan Hotel Singapore Loungeの完成予想図)

ゲストのために最上の地域体験に活気を与えようと、The Clan Hotel Singaporeはこれらのアーティストと協力し、シンガポールに触発されたホスピタリティーを象徴するオーセンティックなタッチポイントを創出する。これには、カスタマイズされた部屋でのダイニング体験、パーソナライズされた地区ツアー、撮影散歩、フードツアー、靴磨きサービスが含まれる。これらのコラボレーションは来年のうちに明らかにされる。

The Clan Hotel Singaporeの詳細はwww.theclanhotel.com.sg 、Instagramは@TheClanHotel(https://www.instagram.com/theclanhotel/ )、FacebookはThe Clan Hotel(https://www.facebook.com/theclanhotel )を参照。

ホテルのファクトシートと完成予想図を含む詳細なプレス向けマテリアルはhttp://po.st/FEHTheClanHotel からダウンロード可。

▽Far East Hospitalityについて
Far East Hospitality Holdings Pte Ltd(Far East Hospitality)は世界的なホスピタリティーのオーナーかつ運営会社で、Oasia、Quincy、Rendezvous、Village、Far East Collection、Adina Hotels、Vibe Hotels、Travelodge Hotels、TFE Hotels Collectionのホテル、サービスレジデンス、アパート式ホテルのユニークで相互に補完的な9ブランドの多彩なポートフォリオを擁している。

Far East Hospitalityは10以上のホスピタリティー資産を保有、オーストラリア、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、マレーシア、ニュージーランド、シンガポールの7カ国で95以上のホテルとサービスレジデンスの1万5500超の部屋を管理する複合ポートフォリオを運営し、さらに多くを開発中である。

Far East HospitalityはFar East Orchard Limited(Far East Organization傘下の上場会社)とThe Straits Trading Company Limitedの間で70:30の比率で2013年に設立された合弁企業である。同年にFar East Hospitalityは100%子会社のFar East Hospitality Investments(Australia)Pte Ltdを通じ、オーストラリアのToga Groupとの間で折半合弁企業であるToga Far East Hotels(TFE Hotels)を設立した。

詳細はwww.StayFarEast.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Dawn Teo
Red Havas
dawn.teo@havas.com
M +65-9623-0369

Nicole Tan
Red Havas
nicole.tan@havas.com
M +65-9615-0920

Ernawati Setijo
Far East Hospitality Management
ernawati@fareast.com.sg
D +65-6830-6652
M +65-9681-1169

(注1)
http://www.tablebuilder.singstat.gov.sg/publicfacing/createDataTable.action?refId=14700

(注2)
https://www2.deloitte.com/us/en/insights/topics/talent/deloitte-millennial-survey.html

ソース:Far East Hospitality

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ