プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ジャパン プロモーション エージェンシー

「スティービー賞(The Stevie Awards) アジア・パシフィック(APSA)2020」へのエントリー受付開始

2019年10月23日

ジャパン プロモーション エージェンシー

「スティービー賞(The Stevie Awards)
アジア・パシフィック(APSA)2020」へのエントリー受付開始

ジャパン プロモーション エージェンシー(所在地:東京都杉並区、略称:JPA)は、世界でも有数のビジネス表彰プログラムであるスティービー賞(StevieR Awards)の日本総代理店として、10月7日より、「スティービー賞 アジア・パシフィック章(APSA)2020」 のエントリー受付を開始しました。

スティービー賞(Stevie® Awards)は、毎年60以上の国と地域の企業・事業者がエントリーする世界的に著名なビジネス賞です。
スティービー賞には幾つかのセクションがありますが、その中で日本の企業や実業家にとってもっとも興味深いのは「アジア・パシフィック部門」です。

エントリーの締切は2020年2月6日ですが、遅延料金をお支払い頂ければ3月4日までエントリー可能です。
また、2019年11月27日までにエントリーすると早期エントリー割引が適用されます

本賞はどのような職場での業績であっても、あらゆるイノベーションを表彰することに焦点を当てています。スティービー賞 アジア・パシフィック(ASPA) 2020には、下記のとおり13の表彰対象カテゴリーがあります。
 ・企業/団体
 ・新製品
 ・情報技術(IT)
 ・経営
 ・マーケティング
 ・WEBサイト
 ・アプリ
 ・ビデオ
 ・年次報告書&出版物
 ・ライブ・イベント
 ・コーポレート・コミュニケーション&PR/IR
 ・カスタマーサービス
 ・人事(HR)

2020年は、エンターテイメントに関するビデオ、社会貢献に関するビデオ、企業の社会的責任(CSR)に関するビデオ、暮らしぶりに関するビデオ などの動画のカテゴリーが新しく加えられました。
また、各カテゴリーの中にサブカテゴリ―がありますので、一番適切な部門を選んでエントリーできます。

審査は、150人以上のエグゼクティブで構成された国際審査委員によって行われ、スティービー賞の受賞者を決定します。

2020年4月8日に金賞、銀賞、銅賞の受賞者が発表され、表彰式は 5月29日ベトナム・ハノイにて開催される予定です(国と会場は毎年変わります)。

以前受賞している日本の企業もありますので、こちらのサイトをご参照下さい。
https://stevieawards.com/search-past-winners-and-finalists?site_type=The+Asia-Pacific+Stevie%C2%AE+Awards&country=Japan&items_per_page=60

企業規模の大小を問わず、企業でも、団体でも、個人事業者でもエントリーすることが可能です。

詳細案内はこちらのWebsiteをご覧下さい: https://asia.stevieawards.com/about-stevie%C2%AE-awards
応募についてのご相談は、日本の事務局である【ジャパン・プロモーション・エージェンシー】までご連絡ください。

___________________________________________________
スティービー賞について
スティービー賞は、スティービー・アジア・パシフィック賞(Asia-Pacific Stevie Awards)、ドイツ・スティービー賞(German Stevie Awards)、アメリカン・ビジネス賞(The American Business Awards®)、国際・ビジネス賞(The International Business Awards®)、スティービー女性賞(Stevie Awards for Women in Business)、スティービー・セールス&カスタマーサービス賞(Stevie Awards for Sales & Customer Service)、優秀な経営者のためのスティービー賞の7つのプログラムで構成されています。毎年60か国以上の組織などから10,000を超えるエントリーを受付けています。あらゆる業種や規模の組織とそこで働く人々を称えるスティービー賞は、世界中の職場での優れた業績を表彰しています。
スティービー賞のホームページはこちら  https://asia.stevieawards.com/ja/home

ジャパン・プロモーション・エージェンシー について
JPAは、1999年以来、企業から政府機関に至るまで、海外の多くの組織の日本における代理店として機能しています。 同時に、日本企業の業績向上を目的としたサービスも数多く提供しています。 昨今では最も注目に値するサービス「競合取引情報調査サービス」によって、日本企業は海外企業より優位に立つことができます。
JPAのホームページはこちら www.worldsupport.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ