プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Icertis

Icertisが契約マネジメントのAIイノベーションで業界トップのAIアワードを受賞

Icertisが契約マネジメントのAIイノベーションで業界トップのAIアワードを受賞

Ai EverythingとForbes AIはこれまで手に負えなかった契約に関する課題の解決にAIを活用したIcertisを評価

AsiaNet 81176

ドバイ(アラブ首長国連邦)、2019年10月23日/PRニュースワイヤー/ – クラウドでの企業契約マネジメントのリーディングプロバイダーであるIcertis (https://www.icertis.com/ )は、Ai Everything and Forbes AI Brave Awards (https://ai-everything.com/brave-awards-winners/ )にて契約マネジメント部門で「Best Application of Artificial Intelligence (AIの最適な応用)」に選出されました。この受賞により、IcertisがIcertis契約マネジメント(ICM)プラットフォームを定義づけるカテゴリーでAIを吹き込むのに成功したことが明確になりました。ICMは、現代のAI技術による変革の力により、顧客が世界規模で契約を管理し、これまで手に負えなかった契約に関する課題を解決する方法をデジタルで変える手助けをします。

歴史上初めて契約がデジタル化されます。Icertisは、1兆ドル以上の規模の管理された契約価値を持つ650万件を超える契約により、ほぼ間違いなく多様な関連のある最も数多い契約のリポジトリを持っています。そして、AIを使ってこれらのかつては構造化されていなかった書類を顧客にとって生きた戦略的な資産に変えています。さらに、ICMプラットフォーム上に構築されたIcertisのAI アプリケーション (https://www.icertis.com/contract-management-software/ai-applications/ )により、企業はマニュアルによるレビューなしに、第三者の契約を迅速にデジタル化できるだけでなく、過去の交渉履歴を分析して改善に向けたインサイトを得ることも出来ます。そして、契約関係および契約履行に前例のない可視性を提供するデータの深い可視化能力を発揮することが出来ます。

IcertisのCTO兼共同創設者であるMonish Darda氏は次のように述べています。「イノベーターや企業と世界規模で協働し、AI技術を採用した画期的なソリューションを見出すことに専念している組織であるAi Everythingからこのような賞をいただき光栄です。契約マネジメントにおけるAIの最新の応用は、契約と条項の法的側面に焦点を当てたものです。当社は、契約を通したビジネスプロセスに深く関与しているため、顧客に向けてAIの改革力を発揮するという独自の位置にいると考えています。AIと分散型台帳・ブロックチェーン技術の組み合わせにより、当社がこの分野を再定義する道が開かれています」

Icertisが管理している何百万もの契約中のデータは、何千もの契約形式や雛形、そして何十万もの条項からキュレートされた分類法を表しており、これらすべては顧客の独特な意味構造にマップされます。ICMプラットフォームは、AIを活用して条項の意味の理解を深め、どのような契約言語が企業にリスクあるいは機会をもたらすのかを特定することで、これまで価値のなかった場所に価値を作り出します。

ドバイ・ワールド・トレード・センターのシニア・バイス・プレジデントであるTrixie LohMirmand氏は次のように述べています。「Icertisはこの賞が称えている画期的なイノベーションを具現化しています。自社のプラットフォームにAIを深く組み込むことで、Icertisは契約関係および契約履行に前例のない可視性を提供しています。ドバイへの新規参入者の力量と質は印象的でしたが、Icertisは絶え間なくイノベーションを追求している企業として突出しており、このことは、ますます複雑さを増している契約マネジメントの課題に対する最先端のソリューションとアプローチを通して実証されています」

Forbes AIとの共同で主催されたAi Everything Brave Awardsは、世界トップの企業の中で最も優れたAI採用とイノベーションを称え、AIにおける、非常に優れた実験から実用へのソリューション、産業応用、そしてパイロットプロジェクトを評価するものです。今回の受賞がIcertisにとって直近の成功であり、ヨーロッパ、中東、アフリカにおける「優れたサービスプロバイダー」を対象としたイノベーション・エクセレンス・アワード (https://www.icertis.com/news/icertis-wins-iaccm-innovation-and-excellence-award-in-outstanding-service-provider-category/ )をIACCMから今年受賞したことに次ぐものです。これにより、Icertisが契約マネジメントにおけるイノベーションを推進していることがさらに証明されました。

2019年Ai Everything Brave Awards Dubai:Ai Everythingは、アラブ首長国連邦のAIに向けた国家プログラムが、スマート・ドバイにおける世界的パートナーである国際電気通信連合(ITU)と世界知的所有権機関(WIPO)の協力を得て主催しているものです。

Icertisについて
クラウド型企業マネジメントプラットフォームの大手企業であるIcertisは、最も難しい契約マネジメントの問題を最も使いやすいプラットフォーム上で解決します。Icertisを使用することで、企業はスピーディーな契約締結でビジネスを加速すると共に、法規制とポリシー・コンプライアンスを確実にしてリスクから守り、収益最大化とコスト削減を通して商業上の関係を最適化します。AIを導入したIcertis契約マネジメント(ICM)プラットフォームは3M、エアバス、コグニザント、ダイムラー、マイクロソフト、サノフィなどの企業に採用され、90カ国以上において40を超える言語で650万件の契約を管理しています。

Icertisメディアお問合せ:
Haley Flanagan
企業広報マネージャー
Icertis
CorpComm@icertis.com  

ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/846094/Icertis_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ