プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

カナダ造幣局(Royal Canadian Mint(RCM))

カナダ造幣局のコレクター銀貨はメティスのリーダーでマニトバの父ルイ・リエルに敬意

カナダ造幣局のコレクター銀貨はメティスのリーダーでマニトバの父ルイ・リエルに敬意

AsiaNet 81146 (2036)

【ウィニペグ(カナダ・マニトバ州)2019年10月23日PR Newswire=共同通信JBN】カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)は、ルイ・リエル生誕175周年を記念する特別版純銀プルーフドルを発表した。マニトバ州創設者を描く肖像に加え、造幣局で初めてメティス(混血)国家の公用語、ミチフ語で彫刻されたコインである。このコインは23日、Manitoba Metis Federationのルイ・リエル生誕年次祝賀会で公式に披露された。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1013709/Royal_Canadian_Mint_Royal_Canadian_Mint_Silver_Collector_Coin_Ho.jpg

175年前、元ルパートランド領のサンボニファスで生まれたリエルの努力の中心は、マニトバ州になる土地がカナダ自治領に譲渡された際、メティスの人権を守ることに向けられた。彼は新設州が1870年にカナダ連邦に編入されるにあたり諸条件を交渉したことから、マニトバ州の創設者として知られている。

カナダ造幣局のマリー・ルメイ社長兼CEOは「造幣局は、カナダの歴史過程を形成した人々の物語を伝えるコインの製造で重要な役割を果たしている。最新のコレクターコインがルイ・リエルの指導性、およびマニトバ州とカナダに明白に寄与したメティス国家をめぐる彼の根気強い唱道を認めていることを誇りに思う」と語った。

Manitoba Metis Federationのデービッド・チャートランド会長は「ルイ・リエルはメティス国家だけでなく、カナダ人全体にとってもアイコニックな人物で、しかも向上心あるロールモデルである。彼はメティスの自決を守って言語、宗教、先住民の権利に断固とした態度をとり、不正に抵抗した。彼の州政府リーダーシップの下、メティス国家は連邦のカナダの交渉相手、マニトバ州の創設者になった。カナダ造幣局がわれわれと緊密に協力して、リエル代表の生誕175周年を記念することは誇らしい。われわれの特別な祝典に彼ら、そして、あらゆるカナダ人を歓迎する」と語った。

メティスのアーティスト、デービッド・ガルノー氏がデザインした2019年特別版プルーフドルの裏面には、伝統的な花模様のビーズ細工が施され、毛皮飾りが付いたバックスキンジャケットを着たリエルの肖像がある。肖像を囲むコベントリーサッシュはメティス国家の紋章ループの半分を形成している。2つの文化統一とメティス国家の不滅を表す無限の象徴である。

Métis National Councilのクレマン・シャルティエ会長は「カナダ造幣局のコインは、メティス国家の永遠のリーダーに対する適切な賛辞である。ルイ・リエルのビジョンと犠牲は、カナダ連邦政府内に居場所を確保するメティスの人々の闘争を形成するだけでなく、西カナダ自身の誕生ももたらした」と語った。

サッシュ帯の下部には3言語で表記されたリエルの称号「NIIKAANIIW POOR LA NAASYOON LII MICHIF – MÉTIS NATION LEADER – CHEF DE LA NATION DES MÉTIS」が読める。コインにはルイ・リエルの署名もあり、表面にはスザンナ・ブラント氏が作成したエリザベス2世の肖像がある。

1万5000枚限定鋳造のこの99.99%純銀コインは$59.95カナダドルで販売され、カナダの電話番号1-800-267-1871、および米国の電話番号1-800-268-6468、または造幣局のウェブサイトから直接注文できる。また、オタワおよびウィニペグのカナダ造幣局ブティック、および加入社であるカナダ郵政公社のアウトレットを含むディーラーおよび販売店のグローバルネットワークを通じて、2019年11月5日以降入手できる。

コイン画像は以下のウェブサイトを参照。
https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2616141-1&h=1165717168&u=https%3A%2F%2Fwww.dropbox.com%2Fsh%2Ftsl09kztw1a9j0c%2FAADlR7XODI83iicBr90BbTzLa%3Fdl%3D0&a=here

▽カナダ造幣局について
カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)はカナダの流通コインの鋳造、流通に責任を持つ国営企業である。造幣局は世界最大で最も多様な造幣局の1つとして認められており、幅広い特殊な高品質コイン鋳造製品とそれに関連するサービスを国際規模で提供している。造幣局とその製品、サービスに関する詳しい情報はwww.mint.ca を参照。

また、以下で造幣局のフォローを。
Twitter (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2616141-1&h=429334805&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FCanadianMint&a=Twitter

Facebook (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2616141-1&h=2050928074&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FCanadianMint%2F&a=Facebook

Instagram (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2616141-1&h=2590357899&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fcanadianmint%2F&a=Instagram

▽問い合わせ先
Alex Reeves
Senior Manager
Public Affairs
+1-613-884-6370
reeves@mint.ca

ソース:Royal Canadian Mint (RCM)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ