プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

バリ動物園(Bali Zoo)

バリ動物園が「動物園の夜」を公開:本物の冒険が始まるのは暗くなってから

バリ動物園が「動物園の夜」を公開:本物の冒険が始まるのは暗くなってから

AsiaNet 81117 (2012)

【バリ(インドネシア)2019年10月17日PR Newswire=共同通信JBN】バリ動物園(Bali Zoo)は夜行性動物を彼らのゴールデンタイムに観察する体験を入場者に提供している。「動物園の夜」と呼ばれるこのプログラムは、月曜日から日曜日の午後6時に始まり、午後9時に終了する。入場者がエキゾチックな種類の動物を彼らの生息場所で楽しみ、観察し、触れ合える完全にユニークなアイランドアドベンチャーツアーを用意している。バリ動物園を体験し、夜行性動物を発見し、鹿公園で鹿の群れのそばで夜の冒険を始めよう。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191017/2614054-1

バリ動物園のゼネラルマネジャー、レスマナ・プトラ氏は「「動物園の夜」が入場者向けの目玉にしているのは、動物園が提供するものの多くを、あらゆる野生生物が魅惑的で神秘的なものになる夜という環境で楽しんでもらうことだ。カップルでも家族連れでも、動物園の夜が忘れられない一夜になることは保証できる」と語った。

バリ動物園でガイド付きウォーキングツアーを続けると、入場者は夜の熱帯動物園の自然の光景や音を観察する感覚が研ぎ澄まされてくる。おとなしい象に会い、2階建てバスの最上部からこれら驚くべき哺乳動物に手で実際に餌をやる気分を体験するように促される。入場者が近づくための準備をしつつ、続いて虎の餌やりが行われ、親切な飼育係がこの威厳ある生き物についてさらに学ぶ手助けをしてくれる。

WANAレストランに向かう。入場者は、ライオンの群れが住む場所からわずか数メートルのところにある特別な夜のためのラウンジバーで、ブラジルの伝統料理シュラスコのジューシーな肉の切り身を給仕してもらうユニークな体験を楽しむ。夜のプログラムは、スリリングなファイヤーダンスと凝った衣装を着たダンサーたちとの記念撮影で終了する。

パッケージには、ホテルの送迎、鹿の餌やり、象の餌やり、ガイド付き夜の動物園ツアー、夜行性動物との出会い、夕食、ファイヤーダンスショー、保険が含まれる。

ツアープログラム(毎晩午後06:00 – 09:00)

鹿公園での知覚的到着体験
ガイド付きナイトウォーキングツアーと入場者は、フレンドリーな鹿の群れのユニークで温かい歓迎を受ける。

夜行性動物との出会い
動物園の魔法のような薄明かりの中、夜行性の動物に会おう。

2階建てバス乗車
動物園のメーンエリアからカンポンスマトラエリアまで2階建てバスに乗り込む。

優しい巨人に手で餌やり
2階建てバスの最上部からの象への手による餌やりと写真撮影を楽しんでほしい。

ライオンの群れと食事
ライオンを見下ろしながら豪華なブラジルのシュラスコディナーを楽しんでもらいたい。予約が20人を超える場合は、ビュッフェディナーが代わりに提供される。

ファイヤーダンスパフォーマンス
スリリングなファイヤーダンスの芸を体験してほしい。

価格
大人 117万5000インドネシアルピア
子供(2-12歳)82万5000インドネシアルピア
*2歳未満の幼児は無料。

▽メディア問い合わせ先
Emma Chandra
Public Relations Head
+62-8175426269 / emma@bali-zoo.com

ソース:BALI ZOO

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ