プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road Information Service

Xinhua Silk Road: SAIC Motorが一帯一路構想下でグローバル展開のペースを加速

Xinhua Silk Road: SAIC Motorが一帯一路構想下でグローバル展開のペースを加速

AsiaNet 81105(2011)

【北京2019年10月17日PR Newswire=共同通信JBN】中国乗用車メーカーのSAIC Motorは一帯一路構想(BRI)の深化により、グローバル展開のペースを速めている。

2019年第1四半期にSAIC Motorは乗用車輸出と海外乗用車販売で中国首位を維持し続け、乗用車メーカーにとっての海外市場の重要な役割を示した。

China Association of Automobile Manufacturers(中国自動車製造業者協会)によると、中国は2018年に約104万1000台の自動車を輸出し、前年比で16.8%増となった。同期間中、上海に拠点を置くSAIC Motorの輸出と海外販売の台数は合計で27万7000台と前年比で62.5%増え、国内メーカー首位となった。

輸出・海外販売の急増は、同社が国際化戦略とインターネット・オブ・ビークル(IoV)テクノロジーに注力していることによるものだ。

これまで、SAIC Motorはタイ、インドネシア、インドに3つの海外自動車生産拠点を、英国、米国、イスラエルに3つのイノベーション・R&Dセンターを設立した。

SAIC Motorのタイ、英国、インドネシア、チリ、オーストラリア、ニュージーランドの6市場と中東での販売台数がいずれも1万台を超えたことは特筆に値する。

一方、SAIC MotorはIoVテクノロジーを優先しつつ、グローバルなプレゼンスを加速している。

インテリジェント相互接続システム「i-smart」を誇る同社のインターネットベースの乗用車ブランドの1つである「MG ZS」は、タイでベストセラーになった。

2019年2月、SAIC Motor傘下の現地企業は、インドネシアで乗用車モデル「Almaz」を展開した。このモデルはインテリジェントな相互接続をサポートし、高度なインテリジェントマルチメディア機能を搭載している。

SAIC Motorはさらに、インターネットベースの乗用車モデル「MG Hector」により、インド市場で成功を収めた。製品の発売から3カ月後の9月29日までに、インドの拠点は3万1000台の注文を受け、新車7000台が既に納品されている。

同社は世界の新エネルギー車(NEV)市場にも注力している。英国では同社NEVモデルである「SUV MG EZS」の予約キャンペーンを既に開始しており、キャンペーンは英国、ドイツ、オーストラリアなど世界の多くの地域で展開される。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/308824.html?from=groupmessage&isappinstalled=0

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191017/2613995-1
(写真説明:乗用車モデル「MG ZS」を航空母艦甲板で展示)

ソース:Xinhua Silk Road Information Service

画像リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=347964

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ