プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Informa Markets (UBM Asia Ltd., Taiwan Branch)

2019年アジア農業技術展&フォーラムで未来を見よう

2019年アジア農業技術展&フォーラムで未来を見よう

AsiaNet 81096 (1999)

【台北2019年10月17日 PR Newswire=共同通信JBN】アジア農業技術展&フォーラム(Asia Agri-tech Expo & Forum)は台湾畜産技術展&フォーラム(Livestock Taiwan Expo & Forum)と台湾養殖技術展&フォーラム(Aquaculture Taiwan Expo & Forum)と同時開催され、農業、畜産、養殖産業の製造技術と総合的ソリューションを一体的に形成するアジアの主要イベントである。25カ国から300のサプライヤーが最新の製品を現地で展示する。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612792-1-a
(写真説明:PerfoTecレーザーパーフォレーションシステム(Everscience Technology Co. Ltd.))

出展者の1社、Everscience Technologyは最先端の「PerfoTec Laser System(PerfoTechレーザーシステム)」で制作され、野菜、花、果物の品質保持期限を2倍に延ばすプラスチックラップを展示し、Hua Wangは顧客が温室を遠隔監視できる先端の環境制御システムを組み込んだ高強度性、高効率性、高安定性を備えた温室技術を展示する。さらに、Haarslevはレンダリング産業向けの最新鋭でカスタマイズされたソリューションを発表する。Eu-Top Corporationは殺虫剤や除草剤を使わずに害虫や雑草から保護する革新的な有機農業フィルムを初披露する。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612792-1-b
(写真説明:温室(HUA WANG Agricultural Equipment Ltd))

サテライトイベントでは55の会議セッションと、国際フォーラム「Innovative Cross-sectoral Linkage for Circular Agriculture(循環農業のための革新的クロスセクター連携)」が開催される。フォーラムの講演者はオランダ、デンマーク、台湾の連携によるものだ。それに加え、農業技術、畜産、養殖の各セミナーは持続可能で環境に優しい方法の人工知能とインターネット・オブ・シングス(AI & IoT)の主題をカバーする。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612792-1-c
(Winbow トゥルー有機農業フィルム(Eu-Top Corporation))

資格を満たした海外バイヤー向けのBuyer Incentive Programme(バイヤー・インセンティブプログラム)を使えば2泊の宿泊が無料で提供される。主催者のInforma Marketsも展示会ホールの入口に消毒スプレーを設置して予防措置をすると共に、台湾渡航前の海外のビジターにASFガイド提言の事前通知を準備している。

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191016/2612792-1-d

▽Informa Marketsについて
アジア農業技術展&フォーラムを主催するUBMは2018年6月にInforma PLCと一体化し、主要なB2B情報サービスグループで世界最大のB2Bイベント主催者になった。当社のアジアでの展開についてはwww.ubm.com/asia を参照。

▽ニュースリリース問い合わせ先
Ms. Joy Chou

▽出展者問い合わせ先
Ms. Sophia Lu

▽ビジター問い合わせ先
Mr. Liang Lin

Informa Markets
(UBM Asia Ltd., Taiwan Branch)
TEL: +886-2-2738-3898
FAX: +886-2-2738-4886
Email: aat-tw@ubm.com
Website: www.agritechtaiwan.com

ソース: Informa Markets (UBM Asia Ltd., Taiwan Branch)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ