プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Smart Contract Security Alliance

Smart Contract Security Allianceが創設カウンシルを発表

Smart Contract Security Allianceが創設カウンシルを発表

AsiaNet 81066 (1991)

【サンフランシスコ2019年10月16日PR Newswire=共同通信JBN】Smart Contract Security Alliance(スマートコントラクト・セキュリティー・アライアンス、SCSA)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=3992733454&u=https%3A%2F%2Fsmartcontractsecurityalliance.com%2F&a=The+Smart+Contract+Security+Alliance )は、創設カウンシルと、同メンバーが昨年セキュリティーエコシステムの拡大で寄与した貢献を発表した。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1011670/Smart_Contract_Security_Alliance.jpg

MythXのバーナード・ミュラー氏は「SCSAはブロックチェーン・セキュリティー業界リーダーが協力することに大きな価値があることを前提にスタートした。われわれ全員が一緒になれば、われわれの一体化した専門知識・技術は全員にとってセキュアな成長を導くことができる」と語った。

SCSAはアライアンスメンバーの最新の成果を紹介する。

2018年9月、シンガポール国立大学のSchool of Computingは、著名なプラティーク・サセナ、キース・カーター両教授が創設したブロックチェーン研究施設兼シンクタンクCRYSTAL Centre(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=1112252949&u=https%3A%2F%2Fwww.crystal.comp.nus.edu.sg%2F&a=CRYSTAL+Centre )を開設した。これは、今日の暗号通貨を形成する最も影響力のある施設の1つとして認められた。

日本の一流ブロックチェーン・セキュリティー監査企業のLayerX(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=3354549347&u=https%3A%2F%2Flayerx.co.jp%2F&a=LayerX )は、セキュア言語VyperでPlasmaを開発した研究で有名になった。この「layer 2」Ethereum(イーサリアム)実装はトランザクションを加速する一方、真っ先にセキュリティーを保つ。最近になって、同社はCasperLabsのCBC Casperを精緻化し、正式に認定し(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=533381209&u=https%3A%2F%2Fmedium.com%2Flayerx%2Fcbc-casper-and-formal-verification-1954cbd1d971&a=erify )、現在のエネルギー集約型のプルーフオブワーク・ブロックチェーンモデルを大幅にアップグレードした。

野村総合研究所が創設したNRI セキュアテクノロジーズ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=4124678341&u=https%3A%2F%2Fwww.nri-secure.com%2Fsecurity-consulting%2Fblockchain-assessment&a=NRI+SecureTechnologies )は、約20年のサイバーセキュリティー経験をブロックチェーンサービスに応用している。同社はマネージドセキュリティーサービスにおけるグローバルプロバイダーの1つとしてフォレスターに認められ、最近、FIDOユニバーサルサーバー認定を獲得した(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=3658467714&u=https%3A%2F%2Fwww.nri-secure.com%2Fblog%2Fnri-secure-obtains-fido-universal-server-certification&a=FIDO+Universal+Server+certification )。FIDOユニバーサルサーバーの認定を受けたのは世界で5番目となる。

富士通グループの中国ベースの企業Fujitsu R&D Center(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=1304811168&u=https%3A%2F%2Fwww.fujitsu.com%2Fcn%2Fen%2Fabout%2Flocal%2Fsubsidiaries%2Ffrdc%2F&a=Fujitsu+R%26D+Center )は1998年に創設された。同社は光通信、高速無線通信、言語処理、知識処理、マルチメディア処理、クラウドコンピューティング、ブロックチェーンなどのテクノロジーを開発した。最近、同社はエンタープライズ・ブロックチェーンソリューションにある13種類の潜在的リスクを検知できる能力があると発表した(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=3732332459&u=https%3A%2F%2Fwww.fujitsu.com%2Fcn%2Fen%2Fabout%2Fresources%2Fnews%2Fpress-releases%2F2019%2Ffrdc-0222.html&a=13+types+of+potential+risks )。

アメア・ロジック、ディミトリ・ブテリン両氏が2017年に創設したBlockgeeks(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=3163521471&u=https%3A%2F%2Fblockgeeks.com%2F&a=Blockgeeks )は、暗号通貨とブロックチェーンに関する1000以上のコースを提供する信頼できる教育プラットフォームである。1万4000以上のサブスクライバーを擁する同社のYouTubeチャンネル(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=1741642104&u=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fchannel%2FUCd8CDrm6rvwBZc6g7BYAkfQ&a=YouTube+channel )は、新たな学習者が必ず見なければならないチャンネルである。同社は最近、WozUとのパートナーシップを発表、Bountyoneを導入し、同社のブロックチェーン向けの独自のプラットフォームはスマートコントラクト監査を分散化した。

ConsenSysの献身的なセキュリティーオーディターで構成され、トム・リンデマン氏と著名な研究者バーナード・ミュラー氏が共同創設したMythX(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=3320384697&u=https%3A%2F%2Fmythx.io%2F&a=MythX )は、同社のプラットフォームでスマートコントラクトの脆弱性スキャン(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=2755889867&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fmythx_platform%2Fstatus%2F1176569617809956864&a=1+million+smart+contract+vulnerability+scans )を100万回超えた。同社はこのほどベータ版を開始し、1年前に小規模のコミュニティープロジェクトとしてスタートしたばかりなのに目覚ましい成果を上げた。

クォントスタンプ(Quantstamp)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=2392177756&u=https%3A%2F%2Fquantstamp.com%2Faudits&a=Quantstamp )は、スマートコントラクト監査とQuantstamp Security Networkを通じて、より安全かつ信頼できるブロックチェーンアプリケーションの未来を実現している。サービスによって、同社は数十億ドルのデジタルアセットバリューを監査で確保し、Kakao向けのBinance StablecoinやKlaytnプラットフォームなどのプラットフォームに取り組んでいる。最近、クォントスタンプの研究者は、ブロックチェーンアプリケーションセキュリティーを主題にした世界初の書籍「Fundamentals of Smart Contract Security」(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2612437-1&h=2157161328&u=https%3A%2F%2Fquantstamp.com%2Fblog%2Ffundamentals-of-smart-contract-security-released&a=Fundamentals+of+Smart+Contract+Security )を発刊した。

われわれと直接会い、われわれのイニシアチブを知ることに関心のある人は、電子メールinfo@smartcontractsecurityalliance.com にメッセージを送っていだだきたい。

ソース:Smart Contract Security Alliance

▽問い合わせ先
Jared Harrill
415-579-8976
jared@quantstamp.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ