プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通、中国「EBP社」買収によりECソリューション領域を強化

2019年10月17日

株式会社 電 通

電通、中国「EBP社」買収によりECソリューション領域を強化

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)は、海外本社「電通イージス・ネットワーク」※を通じて、中国のEコマースエージェンシー「Shanghai EBP Internet Technology Co. Ltd.」(本社:上海市、Founder & CEO:Frank Xu、以下「EBP社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意しました。

 2012年に設立されたEBP社は、世界最大のEコマース市場である中国において、有力なEコマースエージェンシーとして急成長を遂げてきました。現在では、アリババ等のマーケットプレイスを主としたECのコンサルティング、市場開拓戦略の策定、統合マーケティングコミュニケーションから、オンラインストアの運営、顧客体験の最適化、ブランドのデータ活用等に至るソリューションを、幅広い顧客に対して提供しています。

 本件買収の目的は、当社グループのグローバルネットワーク・ブランドの1つで、デジタルパフォーマンス領域に強みを持つ「iProspect」(アイプロスペクト、本拠地:英国ロンドン市)の中国における事業基盤の拡大とECマーケティングに関するサービス機能の強化にあります。今後当社は、EBP社のブランド呼称を「EBP, an iProspect Company」(EBP・アン・アイプロスペクト・カンパニー)へと改称し、より競争力の高いEコマース統合マーケティングサービスを提供します。

 なお、本件が当社の2019年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

※電通の海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク」(ロンドン)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu(Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

【EBP社の概要】
正式社名:Shanghai EBP Internet Technology Co. Ltd.(EBP社)
本社所在地:中国上海市(北京市にも営業拠点を持つ)
設立:2012年7月
株主構成:株式取得後、電通イージス・ネットワーク100%
収益(Revenue):2,512万人民元(約3.8億円)(2018年12月期)
代表者:Frank Xu (Founder & CEO)
従業員数:82名
事業内容:Eコマース統合マーケティング領域全般のサービスを提供
以 上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ