プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TradingView, Inc.

TradingViewがタイ先物取引所のリアルタイムデータを取り扱い開始

TradingViewがタイ先物取引所のリアルタイムデータを取り扱い開始

AsiaNet 81052

ニューヨーク、2019年10月16日/PRNewswire/ — オンライン金融プラットフォームのTradingView Inc.,は本日タイ先物取引所 (TFEX) のリアルタイムデータを全登録ユーザーに追加した事を発表しました。本リリースには利用可能なプロダクト対象として、SET50指数先物、SET50指数オプション、個別株先物、金先物、ゴールド-D、金利先物、米ドル先物、セクター指数先物及びゴム先物が含まれます。このアップデートにより、TradingViewのユーザーとTradingViewへの訪問者はタイ最大の先物市場がカバーする包括的な市場データを手に入れることができる様になります。

2017年にTradingView (https://jp.tradingview.com/ )は、タイコミュニティ向けにタイにローカライズされたプラットフォームth.tradingview.comをリリースして、現地のパートナーシップと取引所の協力を得ました。タイのプラットフォームは2年足らずで月間18万人以上のアクティブなトレーダーと投資家の規模に成長し、世界的には1,000万人を超える規模までTradingViewユーザーが増加しています。

この発表は、トレーダーや投資家がデータ、チャート、投資ツールを無料で簡単に利用できるようにするというTradingViewのグローバルミッションを促進します。TradingViewタイのグロース・ディレクター、ユーティス・ジャムノンサトルは次の様に述べています。「リアルタイムデータを利用できる事はトレーダーの大きな利益です。今回の発表はトレーダーがプロレベルの投資家へステップアップする事を支援するさらなるステップです。」

TradingViewについて TradingViewは世界中で1,000万人以上のトレーダーにサービスを提供している最大かつ最も活発なグローバル・トレーディング・コミュニティの1つです。ノンプロフェショナルのトレーダーにブルームバーグの様な体験を提供するように設計されており、ユーザーは最高レベルのチャートシステムと分析に自由にアクセスが可能で、トレードアイデアを公開してリアルタイムでマーケットについて議論できます。 ロンドンに本社を置き、ニューヨークにオフィスを構え、25か国以上に地域の代表者を置くTradingViewのネットワークは、世界の50を超える市場をカバーしています。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ