プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

サンダーコム

サンダーコムがクアルコム5G サミットで商用5G製品を発表

サンダーコムがクアルコム5G サミットで商用5G製品を発表

サンダーコムが提供する5G製品には、5G IoTモジュールであるThundercomm TurboX(TM) T55 SoM、T55の5G SoMを内蔵したTurboX AI Kit、インダストリーIoTアプリケーション向けの5G産業ソリューションが含まれています。

AsiaNet 81031

2019年10月15日、スペインバルセロナ発—世界をリードするIoT製品およびソリューションプロバイダーであるサンダーコムは、クアルコム5Gサミットにおいて商用向けに5G製品を発表しました。5G製品には次のものが含まれています。

・Thundercomm TurboX(TM) T55 SoM
・T55の5Gバージョンに基づくTurboX AI Kit
・5G産業ソリューション(Location Tracker及びXR向けソリューション)

TurboX T55 SoMによって包括的なアップグレードを実現します

TurboX T55 SoMは最先端の2nd Qualcomm(R) Snapdragon(TM) X55 5Gモデムに基づいています。 LGAとM.2の両方のフォームファクターで設計されたT55 SoMは、5G NR 6GHzの周波数帯域や世界の主な周波数帯域をサポートしています。T55 SoMはまた、LTE FDDおよびTDD接続と組み込みGNSS機能もサポートしています。 5Gスタンドアロン(SA)および非スタンドアロン(NSA)の動作モードに適用可能なT55は、顧客による新しい5Gアプリケーションの構築のために統一されたエクスペリエンスを作成できます。

現在のLTEモジュールと比較して、TurboX T55 SoMはパフォーマンス、効率と遅延を大幅に改善しています。強化された新しいT55 SoMにより、フィールドデバイスと5Gネットワーク間の超高速接続を可能にし、IoTアプリケーションとサービスの大幅な進化を促進できます。

5GバージョンのTurboX AI Kitは5Gアプライアンスの可能性を引き出します

Qualcomm(R) SDA845プロセッサを搭載したThundercomm TurboX AI Kitは、高性能の組込み開発環境であり、組込みデバイスでのAIアプリケーション開発とプロトタイピングをサポートします。今年は、Qualcomm(R) SDA845プロセッサとT55 SoMの両方を利用した5GバージョンのAI Kitを発表しました。5G AI Kitは組込みデバイスでのAI開発をサポートする同時に、次世代IoTアプリケーション向けに5Gによる低遅延、高速、低消費電力のパフォーマンスを実現できます。

このキットは企業および開発者に向けて高性能で迅速なプロトタイピングが可能な、ハードウェアとソフトウェアを統合したAI開発プラットフォームを提供します。エンドツーエンドのコンピューティングインタラクション、高速応答マルチプレイヤーゲーム、没入型360度ビデオおよび産業用エッジサーバーなど、コンセプトの実証など、さまざまな5Gアプリケーションの開発に利用できます。AIテクノロジーと5Gネットワークを通じて、5Gのメリットやイノベーションを拡大できます。

5Gソリューションのビジネスサポートは業界全体のイノベーションをリードします

5Gから利益を得る上で、企業に必要なものはハードウェアサポートだけではありません。導入と統合を迅速化し、グローバルな展開を可能にし、信頼できる業界製品に基づいた、実証済みの実用的で安全なソリューションが必要です。

世界をリードするIoT製品およびソリューションのプロバイダーとして、サンダーコムはクアルコムテクノロジーズのプラットフォームに関する強力な研究開発力と専門知識を活用して、包括的な製品成果物を提供しています。 5Gテクノロジーと5G対応SoMに加えて、サンダーコムはルーター、CPE、XRなどのさまざまな5G製品とソリューション、およびAIアルゴリズム、ミドルウェア、OS開発、標準SoMまたはカスタマイズボードの機能強化や最適化を含むエンドツーエンドのカスタマイズソリューションを提供できます。

「サンダーコムは、IoTイノベーションにおける最先端のテクノロジーとソリューションを提供することに専念しています。 5Gネットワークの進化により、これらの5G製品を揃えたサンダーコムは、お客様が新しい5Gの機会をつかみ、自動運転、スマート工場、ロボットなどの分野でよりインテリジェントで接続されたIoTアプリケーションを開発するのに役立つ信頼できるパートナーです」と、サンダーコムのCEOである蔡蓉(Hiro Cai)氏は語りました。

Qualcomm(R) 業務展開副総裁のJeffery Torranceは、「5GはIoTに着目し、各端末の間における大規模、低遅延及び高いライアビリティを実現するためのものです。サンダーコムが我々の基礎計算及び連結技術の設立のため、IoTのためにこれら5G製品を提供し、このような好ましい未来を持つ領域に力を入れ始めたことは非常に嬉しいことです」と述べました。

サンダーコムについて

サンディエゴに本社を置くサンダーコムは、サンダーソフト株式会社とクアルコム(貴州)投資有限公司の合弁会社です。サンダーコムの目的は、IoTと自動車産業の革新を加速し、クアルコムテクノロジーによるワンストップ式ソリューションを提供することです。サンダーコムはAndroid、Linuxや他のオペレーティングシステムを含むオペレーティングシステムでの実力を生かして、サンダーソフトからのソフトウェアとデバイスでのAI技術ポートフォリオを幅広く獲得し、高度なSnapdragonモバイルプラットフォームテクノロジー、グローバルな販売およびサポートネットワークを提供しています。サンダーコムは世界中のお客様に信頼できる重要なパートナーであり、高品質の次世代製品を構築し、市場投入までの時間を短縮することを目指しています。

Qualcomm and Snapdragon are trademarks of Qualcomm Incorporated, registered in the United States and other countries.

Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem-RF System and Qualcomm SDA845 are products of Qualcomm Technologies, Inc. and/or its subsidiaries.

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ