プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ZTE Corporation

ZTEが業界初の5G+VDSL2ハイブリッドホームゲートウエーを発表

ZTEが業界初の5G+VDSL2ハイブリッドホームゲートウエーを発表

AsiaNet 81037(1969)

【深セン(中国)2019年10月15日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者テクノロジー・ソリューションの大手国際プロバイダーであるZTE Corporation(https://www.zte.com.cn/global/ )(0763.HK / 000063.SZ)は15日Broadband World Forum 2019で、業界初の5G+VDSL2ハイブリッドホームゲートウエーである「H339X」をリリースした。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20191015/2610934-1
(ZXHN H339X)

5G、VDSL2、PON、イーサネットWANなど多くのアクセステクノロジーをサポートするこのデバイスは、オペレーターに複数のブロードバンド進化ソリューションを提供し、超高性能ネットワーク構築を支援するように設計されている。

H339X 5G+VDSL2ハイブリッドホームゲートウエーは、さまざまなシナリオでブロードバンドアクセスを実現する。従来の銅線インフラストラクチャーの地域では、ユーザーはH339Xを使用してxDSLの帯域幅制約を克服し、5GネットワークとxDSLネットワークの組み合わせからギガビット速度を達成することができる。

銅線またはファイバーケーブルにアクセスできない地域では、ユーザーはH339Xを使用すると、5G経由でブロードバンドサービスにアクセスし、優れた低レート、低レイテンシーのネットワーク体験を享受することができる。

GPON/XG-PON/XGS-PONモジュールを収容できるSFPケージにより、H339XはアクセスネットワークをDSLからPONにスムーズにアップグレードできるようにし、これにより、オペレーターは深いファイバー展開を実行することができる。さらに、H339Xは10GEイーサネットWANアクセスをサポートしているため、SFU+ルーターモードでホームネットワークを構築することができる。H339Xはネットワークアップグレードで再利用できるため、オペレーターのデバイスと運用のコスト削減をサポートする。

ユーザー側では、H339X 5G+VDSL2ハイブリッドホームゲートウエーはWi-Fi 6および4×4 11ax@2.4GHz+4×4 11ax@5GHz MU-MIMOをサポートし、AC1200ホームゲートウエーの3倍の速度である最大3.6 Gbpsの物理レートを提供する。H339Xは、10GE LANポートと5G超高帯域幅インターフェースにより、ユーザーに究極のブロードバンド体験を提供することができる。

EasyMesh標準に準拠したH339Xは、さまざまなベンダーのデバイスと互換性があるため、オペレーターはホームネットワークサービスを展開し、スマートメッシュWi-Fiネットワークを構築することができる。

ハードウエア設計に関しては、H339X 5G+VDSL2ハイブリッドホームゲートウエーは、5GとWi-FiのRF帯域が互いに干渉しないように、高度なアンテナアレイを備えている。H339XのXの形状は、無限の可能性の未来を象徴し、製品のマルチアクセステクノロジー統合を反映している。

ZTEは、その強力な研究・開発能力と世界市場での広範な製品採用により、CPE分野でリードしている。調査会社IHS Markitのデータリポートによると、ZTEは2019年第1四半期にCPEデバイスの世界市場シェアで2位にランクされた。

ZTEは消費者、キャリア、企業、公共セクター顧客向けの高度な通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズ・テクノロジー・ソリューションのプロバイダーである。ZTEの戦略の一環として、同社は顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、通信および情報技術セクターが融合する際に卓越性と価値を提供することにコミットしている。香港証券取引所と深セン証券取引所(H株銘柄コード: 0763.HK / A株銘柄コード: 000063.SZ)に上場されるZTEの製品およびサービスは、160カ国以上で販売されている。

これまでZTEは欧州、アジア太平洋、中東・アフリカなどの主要な5G市場で25件の商用5G契約を取得してきた。ZTEは年間売上高の10%を研究開発に投資することにコミットし、国際標準規格の設定でリーダー的役割を果たしている。ZTEは企業の社会的責任にコミットし、国連グローバル・コンパクトのメンバーである。

▽メディア関係問い合わせ先  
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86-755-26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

画像添付リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=347640

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ