プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CenturyLink, Inc.

CenturyLinkがオンデマンドネットワーク接続をGoogle Cloud Platformに拡大

CenturyLinkがオンデマンドネットワーク接続をGoogle Cloud Platformに拡大

AsiaNet 80972

【モンロー(米ルイジアナ州)2019年10月15日PR Newswire】

*このサービス拡大はCenturyLinkのエッジコンピュート戦略を推進

ますます多くの企業がハイパフォーマンスワークロードとアプリケーションのクラウドへの移行を目指しており、CenturyLink, Inc.(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2607666-1&h=2525395722&u=http%3A%2F%2Fnews.centurylink.com%2F&a=CenturyLink%2C+Inc. )(NYSE: CTL)は、同社のCloud Connect Dynamic ConnectionsサービスをGoogle Cloud Platformに拡大することで、営業所とパブリックデータセンターをクラウド環境に接続する新しい選択肢を提供します。この拡大によって、CenturyLinkの安全なグローバルファイバーネットワークを通じて、北米、アジア太平洋、欧州における数千のエンドポイントでセルフサービスかつリアルタイムの専用ネットワーク接続が可能になります。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1009002/CenturyLink_Google_Cloud_Platform.jpg

CenturyLinkのポール・サビル上級副社長(コアネットワーク&テクノロジーソリューション担当)は「CenturyLinkは、お客様が容易にコントロールできるダイレクトでオンデマンド、かつスケーラブルなクラウドネットワーキングソリューションによってデジタルビジネスをサポートしています。今回の拡大によって、Google Cloudのお客様は新しくて容易な方法で、クラウドネットワーキング環境に接続しコントロールし、さらに進化するビジネスニーズに応じて帯域幅を調整することが可能になります。」と語りました。

CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsは企業のエッジコンピュート戦略で重要な役割を果たします。これはお客様の場所からCenturyLinkのエッジロケーションまでプロビジョニングできるリアルタイムネットワークを提供し、企業がアジャイル開発モデルでワークロードを展開、管理することを可能にします。これらのエッジサービスは、CenturyLink Cloud Connectを活用してネットワークのエッジ近くにある分散型ITワークロードを動作させることによって、数千のデータセンターおよびオフィスビルに接続することができます。

Google Cloudのプロダクトマネージャーであるケリー・タケナカ氏は「CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsによって、企業はGoogle Cloudワークロードに対処する際に、ロケーションを接続し、ネットワークのスケールアップ、スケールダウンを迅速かつ容易に実行することができます。ネットワークをクラウドのように弾力的に機能させることは、エンタープライズのハイブリッドクラウド戦略とデジタルトランスフォーメーションにとって重要な要因となります。」と語りました。

CenturyLink Cloud Connect Dynamic ConnectionsはセルフサービスポータルとAPIを組み込み、プライベートEthernetサービスを使用してハイブリッドクラウドネットワーキングのリアルタイムコントロールを顧客に提供します。顧客体験をさらに向上させるため、CenturyLinkはシンプルな従量制課金モデルも提供し、利用期間の縛りなく、必要に応じてサービスを追加、解除できる柔軟なサービスを提供します。

CenturyLinkは2019年にパブリッククラウドをCenturyLink ITコンサルティングサービスと組み合わせることにより、Google Cloudとの長期パートナーシップを拡大しました。CenturyLinkは、クラウドインフラストラクチャー、ネットワーキング、移行、マネージドサービスの高度な技術を有するGoogle Cloudの認定アーキテクトおよびエンジニアを擁するGoogle Cloud Center of Excellenceを設立し、お客様のデジタルビジネスを支援しています。さらに、CenturyLinkのグローバルブロードキャストファイバーネットワークVyvx Cloud Connectは、高帯域、高品質なビデオフィード向けのマルチサイトで多様な接続パスを提供することによって、Google Cloud Platformへのアクセスを提供します。

▽主要ファクト

*CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsは北米、アジア太平洋、欧州の数千のロケーションで利用可能で、Microsoft AzureおよびAzure Government(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2607666-1&h=1473768907&u=http%3A%2F%2Fnews.centurylink.com%2F2019-06-24-CenturyLink-Delivers-Secure-Fast-and-Easy-Self-Provisioning-of-Network-Connections-to-Microsoft-Azure-and-Azure-Government&a=Microsoft+Azure+and+Azure+Government )や、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)、AWS GovCloud(米国)もサポートしています。

▽追加資料

*CenturyLink Cloud Connect Dynamic Connectionsの詳細はウェブサイトhttps://www.centurylink.co.jp/discover/dynamic-connections.htmlを参照ください。

▽CenturyLinkについて

CenturyLink(NYSE:CTL)は、世界中の顧客にハイブリッドネットワーキング、クラウド接続、セキュリティーソリューションを提供しているテクノロジーリーダーでです。CenturyLinkは、広範なグローバルファイバーネットワークを通じて、安全で信頼性の高いサービスを提供し、企業や消費者の増大するデジタル需要に対応しています。CenturyLinkは、ネットワーク化された世界への信頼できるつなぎ役となるために努力し、ユーザー体験を向上させる技術の提供に力を注いでいます。詳細はhttps://news.centurylink.com/ を参照ください。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/628320/CENTURYLINK_Logo.jpg

ソース:CenturyLink, Inc.

▽お問い合わせ先
Stephanie Meisse
419-755-8433
Stephanie.n.meisse@centurylink.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ