プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

パンドウイットコーポレーション日本支社

ケーブル径がより細くなって新登場。性能にも妥協がない、業界標準の「カテゴリ6A UTP ケーブル」

2019年10月15日

パンドウイットコーポレーション

AXテープテクノロジー採用の「カテゴリ6A UTP ケーブル」が更に細く。
軽量、柔軟で取り回しやすさを備えつつ、耐エイリアンクロストークや
EMI耐性などで高いパフォーマンスを発揮します。

パンドウイットコーポレーション日本支社(本社:東京都港区、日本支社長:須崎弘明、以下パンドウイット)は、よりケーブル径が細くなった、AXテープテクノロジー採用の「カテゴリ6A UTP ケーブル」の販売を開始いたします。

【カテゴリ6A UTPケーブル (ケーブル径:6.6mm) のすぐれた特長】
・AX テープテクノロジーの採用により、6.6mm のケーブル径を実現
・より軽量、より柔軟性が高くなったことで、曲げ半径が小さくなり施工性が向上
・23AWG で、100m までのチャネル性能
・業界標準を上回る耐エイリアンクロストーク性能
・PSANEXT および PSAACRF 抑制効果に優れ、UTP EMI 耐性を維持

AXテープとは:
Panduitが独自に開発したカテゴリ6Aケーブルの外被の内側に巻かれるテープです。
レーザーでブロック状にカットされたAXテープにより、隣接したケーブル間の電気・
電磁結合を飛躍的に抑え、エイリアンクロストークや信号減衰に対し、優れた性能を
実現します。
STPケーブルの課題であった施工性や拡張性、TCOを改善し、UTPケーブルと同等の
取り扱いを可能にすることで、10G Base-Tの普及に寄与します。

──────────────────────────────
関連資料
──────────────────────────────

◼️TX6A™ 10Gig™ カテゴリ 6A UTP 配線システム 特集ページ(パンドウイット)
https://www.panduit.co.jp/solution/cat6autp/

──────────────────────────────
パンドウイットについて
──────────────────────────────

1955年の創業以来、問題解決への飽くなき挑戦を文化とするパンドウイットは、企業のビジネスを市場での成功へと「有意義に結びつける」役割を果たしてきました。パンドウイットは、データセンターから通信施設に至るまで、またオフィスのデスクから工場施設のフロアに至るまで、企業全体にわたる環境下の物理、電気、ネットワークのインフラストラクチャ―に最先端のソリューションをもたらします。米国イリノイ州ティンレイパークのパンドウイット本社および世界 112 の拠点は、強固なパートナーエコシステム、定評ある品質と技術的リーダーシップを通じ「つながる世界」のビジネスをサポート、さらなる成長と発展に寄与します。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ