プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

いわき市役所

女優・タレントの武田玲奈さんが、いわきの観光の魅力をPR。「いわきに遊びに来てください!」

2019年10月7日

いわき市

女優・タレントとして活躍している「いわきツーリズム推進特命課長」の武田玲奈(22歳)さんが、JR湯本駅で行われた「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニーでいわきの観光の魅力をPR。

いわき市出身で女優・タレントとして活躍している「いわきツーリズム推進特命課長」の武田玲奈(22歳)さんが、10月5日にJR湯本駅で行われた「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」のオープニングセレモニーに登場しました。

このセレモニーは、秋・冬の観光シーズンに向け、福島県が県内全域で展開する観光キャンペーンの一環として行われたもので、武田玲奈さんは、いわき市の観光アンバサダーとして、地元いわきの観光の魅力をPRしました。武田玲奈さんは、「ココロとカラダ、トトノエる旅。いわき」のキャッチコピーで展開するいわき市の観光プロモーションにおいて、ポスターやパンフレット、特設ホームページに登場し、健康的な癒し旅をテーマに、サイクリングや温泉、おいしいグルメなど、いわきのオススメ観光スポットを紹介しています。

(特設ページURL:) http://kankou-iwaki.or.jp/lp/

武田玲奈さんコメント

「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」が始まりました!私も、地元いわきを応援する一人として、皆様と一緒にPRさせていただけて、とってもうれしいです!地元に帰るたびに市内のあちこちを周っていますが、新しい施設も色々とできて、ますますいわきの魅力がアップしていると感じています。これからも、毎日のいろんなシーンで、福島県、そして地元いわきの魅力をたくさんの人々に知っていただき、よりたくさんのお客様に来ていただけるよう、一生懸命PRしていきますので、皆様、どうぞよろしくお願いします。』

武田玲奈さんプロフィール

1997年7月27日生まれ(22歳)。福島県いわき市出身で、女優・モデルとして数多くのテレビドラマや映画などに出演しており、雑誌「non-no」(集英社)の専属モデルに起用されるなど、幅広く活躍中。2018年8月、いわき市の様々な魅力を発信する「いわきツーリズム推進特命課長」に就任。

「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー1
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー2
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー3
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー4
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー5
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー6
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー7
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー8
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー9
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー10
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー11
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー12
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー13
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー14
「『福が満開、福のしま。』ふくしま観光キャンペーン」オープニングセレモニー15
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ