プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

「ウィンドチャレンジャー」が硬翼帆式風力推進装置の設計に関する基本承認を取得

2019年10月3日

金沢工業大学

金沢工業大学ICCがプロジェクトメンバーとして参画する
硬翼帆式風力推進大型商船「ウィンドチャレンジャー」が設計基本承認。
「帆」をもつ大型商船実現で温室効果ガス削減を狙う

 金沢工業大学ICCがプロジェクトメンバーとして参画する硬翼帆式風力推進大型商船「ウィンドチャレンジャー」が一般財団法人日本海事協会より硬翼帆式風力推進装置の設計に関する基本承認をこのたび取得しました。硬翼帆の構造およびその制御に関する基本設計が終了したことで、引き続き詳細設計を進め、2022年中に硬翼帆を1本実装した新造船の運航開始を目指します。

 このたび設計基本承認を取得したウィンドチャレンジャーは風力エネルギーを伸縮可能な硬翼帆によって推進力に変換する大型商船で、硬翼帆の開発には金沢工業大学COIにおける研究が活用されています。
 硬翼1本帆による温室効果ガス削減効果は日本-豪州航路で約5%、日本-北米西岸航路で約8%を見込ます。

 当取組の詳細については、別紙の株式会社商船三井と株式会社大島造船所によるプレスリリース「ウィンドチャレンジャーが設計基本承認を取得~温室効果ガス削減を狙い『帆』を持つ大型商船実現へ」をご覧ください。
→ https://www.mol.co.jp/pr/2019/19074.html

 学校法人金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(ICC)を中核拠点とする金沢工業大学COIは、文部科学省が設けた「革新的イノベーション創出プログラム(COI stream)」で採択された全国に18あるCOI(Center of Innovation)拠点のひとつです。COIが目指すビジョンのひとつである「活気ある持続可能な社会の構築」において、炭素繊維を中心とした革新複合材料による次世代インフラシステム実現に向けた研究に取り組んでいます。

【本件に関する問い合わせ先】
学校法人金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター
電話076-276-3100 メール:icc-info@mlist.kanazawa-it.ac.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ