プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オカムラ

書籍『ネクサス・コモンズ イノベーションを超える創生空間のつくり方』出版

2019年9月30日

株式会社オカムラ

書籍『ネクサス・コモンズ イノベーションを超える創生空間のつくり方』出版

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は2019年10月1日、書籍『ネクサス・コモンズ イノベーションを超える創生空間のつくり方』を白揚社より出版します。
近年日本では、イノベーションによって新しい価値を創造することが必須の課題になっています。そのためには、イノベーションを発現することができる人材をどのように育み、その働く環境(仕事の特性、組織構成、オフィス空間や家具など)をどう構築したらよいかの未来像を提案しております。
今回の新しい試みとして、名古屋大学教授の栗本英和氏に監修いただき、エビデンスとなり得る実例を備えた構成になっています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909241177-O1-FYBqbAAk

-書籍『ネクサス・コモンズ イノベーションを超える創生空間のつくり方』の概要-

書籍名:ネクサス・コモンズ イノベーションを超える創生空間のつくり方
著者:株式会社オカムラ フューチャーワークスタイル戦略部
   はたらくの未来研究所 プリンシパル・リサーチャー 前田 明洋
  :国立大学法人名古屋大学 教養教育院
   教授・副院長(教育の質保証) 栗本 英和
発行所:株式会社白揚社
装幀・デザイン:株式会社トンプウ
定価:本体1,500円(税別)
発行日:2019年10月1日

ー目次ー
はじめに 日本のイノベーションの傾向と課題
第1章 イノベーション発動のメカニズム
第2章 イノベーションを超える「創生の場」
第3章 イノベイティブ思考とリベラル・アーツ教育
      -協働によって気づきを興す「考想する」場をどうデザインするか
第4章 イノベイティブ思考を育むケース・スタディ
      -「考想する」協創のプロセスをどう醸成するか
付録A 名古屋大学エース・ラボS イノベーション発動型実習の事例
付録B 名古屋大学体験型講義におけるファシリテーションの実例

書籍『ネクサス・コモンズ イノベーションを超える創生空間のつくり方』表紙
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ