プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社キョードーメディアス

クラシック音楽の野外フェス、イープラスpresentsスタクラフェス開催!

2019/09/29

株式会社キョードーメディアス

クラシック音楽の野外フェス、イープラス presents スタクラ フェス開催!秋の青空と、横浜の潮風、船の汽笛とともにクラシックの音楽が響き渡る。

 昨年に続き二度目の開催となったイープラス presents「STAND UP!CLASSIC FESTIVAL 2019』supported by GALAXY ENTERTAINMENT」。今年は二日間に拡大され、クラシック、オペラ、ミュージカル、合唱と、クラシックファンならずとも楽しめる内容となった。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909291497-O1-IFLRadlc

 船が行き交う横浜の赤レンガ倉庫の野外特設会場は、気持ちいい秋の青空が広がった。潮風にあたりながら、食べて飲んで、それぞれの時間を過ごす大勢の家族連れやグループで賑わった。

 出演者総勢300名以上、演奏楽曲は二日間で200曲以上となる、まさにクラシック音楽の祭典。普段、ホールでしか演奏していないアーティストが「スタクラフェス」でなら開放感溢れる演奏ができるとあって、それを目当てに参加する観客も少なくない。
1組目は、ハイレベルな高校生による「It’s吹奏楽」サックスの上野耕平が川崎市立高津高等学校と神奈川県立弥栄高等学校の吹奏楽部を率いての演奏。司会の松下奈緒がフェスの開幕を告げる合図とともに、高校ブラバン応援サウンドで会場を沸かせた。
 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909291497-O4-m9sfe9a0

 初日はこのほか、多彩なプログラムが揃った。中でも世界で活躍するヴァイオリニスト五嶋龍が、話題のピアニスト藤田真央と魅せた。難曲サン=サーンス「ヴァイオリン・ソナタ第1番」を華麗に披露。ヴァイオリンとピアノで、船の汽笛とコラボした魅力がぎっしり詰まった「ライブ」だった。五嶋は一言「楽しいー!」と。まさに開放された時間だった。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909291497-O5-RNY2aoRc

 そして、この日、新作映画「蜜蜂と遠雷」(10/4公開)から主演の松岡茉優が駆けつけた。映画でも披露した「ピアノ協奏曲第 3 番」について、総合司会でピアニストの松下奈緒と共感し合いながらピアノトークに盛り上がった。「蜜蜂と遠雷」は直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を実写映画化したもの。松岡は国際ピアノコンクールに挑む主人公を演じる。すでにこの映画を観たという松下奈緒はピアニスト目線でも「演奏シーンが圧巻だった!」と称賛し、太鼓判を押した。

 日も暮れて横浜の雰囲気が倍増される中「クラシック紅白歌合戦 オペラからミュージカルへ」が始まった。LE VELVETSを始めクラシック声楽を代表するキャストが揃った。北川辰彦(バスバリトン)、小林沙羅(ソプラノ)、西村悟(テノール)、伊礼彼方、昆夏美、エリアンナ。それぞれがたくさんのミュージカル作品で主演を任されるクラス。プッチーニオペラ「トスカ」「蝶々夫人」やカンツォーネ「オー・ソーレ・ミーオ」から始まり、ミュージカルを代表する「ドリームガールズ」「RENT」「オペラ座の怪人」など聴き応えのある曲ばかり。フィナーレは「レ・ミゼラブル」より「民衆の歌」で最高潮に盛り上がり初日の幕を下ろした。

 この日、3歳と5歳の子供を持つ40歳代の夫婦は、「いつか小さい子供たちにクラシックを聞かせてあげたかったから、周りを気にせず、ピクニック感覚でよかった。夫婦ともに学生の時に吹奏楽をやっていたから、本当は一人で一日中、ビール飲みながら来たかった」と話す。様々な思いで会場を訪れた観客からは万雷の拍手で出演者にエールを送った。

写真=福岡諒祠、石ヶ森三英、大橋祐希

<公演情報>
『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019』
■開催日時:2019 年 9 月 28 日(土)29 日(日)開場 9:30/開演 10:30(20:20 終演予定)
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場

■出演者(50 音順)
【総合司会】松下奈緒【特別出演】五嶋龍(ヴァイオリン)
【ソリスト】相葉裕樹/朝夏まなと/石若駿(パーカッション)/伊礼彼方/上野耕平(サックス)/エリアンナ/茅野愛衣(声優・トーク出演)/紀平凱成(ピアノ)/北川辰彦(バスバリトン)/鍵盤男子(ピアノデュオ)/五嶋龍(ヴァイオリン)/小林沙羅(ソプラノ)/昆夏美/阪田知樹(ピアノ)/篠原悠那(ヴァイオリン)/反田恭平(ピアノ)/種田梨沙(声優・トーク出演)/TSUKEMEN/DEPAPEPE/NAOTO(ヴァイオリン)/西村悟(テノール)/→Pia-no-jaC←/福間洸太朗(ピアノ)/藤田真央(ピアノ)/藤原道山(尺八)/外村理紗(ヴァイオリン)/松下奈緒(ピアノ)/三浦一馬(バンドネオン)/宮本笑里(ヴァイオリン)/山中惇史(ピアノ)LE VELVETS/大月さゆ・彩花まり・岡本悠紀・吉田萌美・土倉有貴・田川颯眞(Living Room MUSICAL and more)
【指揮】青島広志/松沼俊彦/三ツ橋敬子
【アンサンブル】神奈川フィルハーモニー管弦楽団/シアター オーケストラ トーキョー/STAND UP! ORCHESTRA/神奈川県立弥栄高校吹奏楽部・合唱部/川崎市立高津高校吹奏楽部 and more…

■主催:イープラス/朝日新聞社                                            ■共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会
■特別協賛:GALAXY ENTERTAINMENT
■協賛:クレディセゾン/公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation)/Aggreko Japan 株式会社     
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/tvk/テレビ埼玉/BS フジ/FM ヨコハマ/J:COM                        
■企画制作:イープラス/Zepp ライブ/電通
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション                                     ■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」公式WEBサイト: https://standupclassicfes.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ