プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

堺市

大阪初の世界遺産登録で活気づく堺に、新しい芸術・文化の幕があがる!2019年10月1日誕生フェニーチェ堺

2019年9月27日

堺市

大阪初の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」で活気づく堺に、
南大阪最大のホール「フェニーチェ堺」が10月1日グランドオープン!
世界遺産のまち・堺を舞台に新しい物語が始まります。

大阪初の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」で活気づく堺に、10月1日(火)待望の堺市民芸術文化ホール「フェニーチェ堺」がオープンします。南大阪最大となる2000席の大ホールと312席の小ホール、ガレリアなどを備える芸術・文化の拠点です。国内外の著名な演奏家による豪華なオープニング公演をお楽しみください。

ホール全体のコンセプトは、中世の自由・自治都市「堺」をイメージしたデザイン。施設を取り巻く水盤は環濠を、施設の各所に使われている赤(朱)と緑の色彩は、朱印船の赤と茶の湯を連想する緑を用いています。フェニーチェとは、イタリア語で「不死鳥」の意味。幾多の戦乱から不死鳥のようによみがえり、伝統と文化を守ってきた堺の街を表現しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909100638-O1-PHbSVxtR

★注目ポイント★
●オープニング公演は、世界が尊敬する日本人のひとり「クラシックが生んだジャズ界の新星」や、大阪初公演など、クラシック、ジャズ、ポップス、KIDSプログラムなど、魅力的な公演が60公演!
→詳しくは、こちらから←

●奏者の個性を最大限に引き出すピアノ♪世界が注目する希少なピアノが堺に!
フェニーチェ堺では、フルコンサートグランドピアノとして、スタインウェイ・ヤマハ・ファツィオリの3ブランドの計5台が用意されています。
中でも注目は、イタリアのファツィオリピアノ。1981年創業でピアノメーカーとしては新しいながらも、ショパン国際ピアノコンクールをはじめとする世界最高峰のコンクールで公式ピアノとして認定され、近年世界中で評価が高まっています。今、世界のピアニストが注目するファツィオリの素晴らしい音色を、ぜひお楽しみください。

●オープンを前に登録者数28,000人を突破!登録・年会費無料のsacayメイト
1.WEBでチケットを購入できる 2.チケット先行予約に応募できる(一般発売に先駆けてチケットを手に入れるチャンス) 3.公演やイベントのお知らせがメールで届く
→詳しくは、こちらから←

★☆おすすめ演目はこちら
①ホセ・カレーラス スペシャルコンサート
ホセ・カレーラス「ウエスト・サイド物語」を歌う。指揮者 佐渡 裕との一夜限りの豪華共演が実現!
→詳しくは、こちらから←

②こどもオペラ『まほうのふえ』~パミーナ姫のたんじょうび~
今、世界から熱望されるオペラ演出家 菅尾 友と、新進気鋭の指揮者 原田 慶太楼による公演。ザルツブルグ音楽祭で、オペラ「魔笛」を子どもが楽しめるように約60分の作品にアレンジしたオペラを、日本語初上演!
→詳しくは、こちらから←

③FENICE SACAY JAZZ LIVE 挾間美帆m_unit
世界が尊敬する日本人の一人に選ばれた「クラシックが生んだジャズ界の新星」挾間美帆 Miho Hazama♪
→詳しくは、こちらから←

④ジャズ・ガラ・コンサート
堺から世界へ!山下洋輔プロデュース、北村英治、日野皓正、渡辺香津美などジャズ界のレジェンドと次代を担うアーティストが一堂に会す! 
→詳しくは、こちらから←

⑤アントネッロ 南蛮公演「フランシスコ・ザビエルと音楽」
初期バロック音楽の第一人者、濱田芳通(はまだよしみち)が解き明かす、ザビエルの時代の西洋音楽と日本の音楽とのつながりの数々。
→詳しくは、こちらから←

⑥武満徹のミニフェスティヴァル3日間
国際的作曲家・指揮者杉山洋一が選んだ作品と演奏家による室内楽選集、関西の誇る合唱指揮者西岡茂樹による「うた」の数々、そして武満徹の愛娘 真樹と家族ぐるみの友人だった荘村清志らとのトークとライブ。
→詳しくは、こちらから←

⑦シルク・ドゥラ・シンフォニー
関西初公演!ニューイヤー特別プログラム!全米で大ヒットしているオーケストラ&サーカスのコラボレーション。シルク・ド・ソレイユや体操のゴールドメダリストを中心に結成され、キエフ国立フィルが共演。
→詳しくは、こちらから←

■施設のご案内
大ホール・小ホール・交流・創作ガレリア・文化交流室・屋上庭園・多目的室・ 大スタジオ ・小スタジオ等の 施設利用の申し込みも開始しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909100638-O2-f2iNa2o3
大ホールは、ホールそのものが「よく響く楽器のように」というコンセプトのもとにつくられ、壁面デザイン、天井の円を描くデザインは音響を考慮し、つくられています。舞台はプロセニアム型で、間口は18.0m、高さは約12.5m、奥行は主舞台のみで22m、奥舞台を合わせると舞台最奥まで34.4mあり、オーケストラピットを備えオペラやバレエにも対応。
その他、大ホールの主舞台と同程度の広さを確保した287㎡の大スタジオをはじめ、スタジオ3室、講演会や研修、展示などに使用できる諸室4部屋、屋上庭園、交流・創作ガレリアなどを設置しています。
●施設利用など、詳しい情報はこちらをご覧ください。

■イタリアンレストラン「テアトロ ポンテベッキオ」も敷地内にオープン!
【オーナーシェフ 山根大助】ポンテベッキオが大阪市以外で初めて出店します。
●営業時間、メニューはポンテベッキオHPをご覧ください。
詳しくは、こちらをご覧ください。 

フェニーチェ堺 トップ画像
フェニーチェ堺 施設
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ