プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本デジタル配信株式会社

「ケーブル4K」×「4K・VR徳島映画祭2019」『4K・VR徳島映画祭 過去受賞作』特集放送

2019年9月27日

日本デジタル配信株式会社

「ケーブル4K」×「4K・VR徳島映画祭2019」
『4K・VR徳島映画祭 過去受賞作』特集放送

 日本デジタル配信株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:河村浩)は、同社が運営する4K専門チャンネル「ケーブル4K」(https://www.cable4k.jp/)にて、2019年11月22日(金)~11月24日(日)に徳島県神山町で開催される「4K・VR徳島映画祭2019」との連動企画として『4K・VR徳島映画祭 過去受賞作』を特集放送でお送りします。

 「4K・VR徳島映画祭2019」は、徳島県神山町の大自然を舞台に最先端の4K映像が楽しめる、“4K、8K、VRに特化”した日本でたったひとつの映画祭。全国から集められた4K映像作品を上映・表彰するほか、映像業界の最先端で活躍する方々やクリエイター、著名人によるセミナー、音楽インタラクティブの展示など、映像業界の最先端を届ける一方、地域ならではの食や文化も味わうことができます。
 その映画祭との連動企画として、『4K・VR徳島映画祭 過去受賞作』特集と題して、過去の映画祭で受賞した作品の中から選りすぐりの6作品をセレクト。4K映像の特性を存分に生かした作品の数々をお届けします。

 また、この特集放送に合わせて、「J:COM Wonder Studio」(東京ソラマチ(R) イーストヤード5F)にて、2017年ドキュメンタリー賞受賞作『4Kで甦る世紀のご成婚パレード(ダイジェスト版)』の4K鑑賞会も開催します。1959年の国民的行事“世紀のご成婚パレード”の様子を収めた35㎜フィルムを最新デジタル技術により4K映像で甦らせた本作。奇跡の映像美を4K大画面でご覧ください。
 これまで4K制作の普及促進に寄与してきた「ケーブル4K」と「4K・VR徳島映画祭」。より一層、4K作品の質・量の向上に貢献を果たすよう今後も連携してまいります。

番組情報
『4K・VR徳島映画祭 過去受賞作』特集
去の映画祭で受賞した作品の中から選りすぐりの6作品をセレクト。

放送作品:『Beauty of JAPAN 北信濃に暮らして』
『4Kで甦る世紀のご成婚パレード TOKYO 1959』
『伊勢神宮・命あふるる神々の森 五十鈴川を行く』
『激流と闘う乙女たち~栄光への軌跡~』
『琉球列島 生命のシンフォニー やんばる奇跡の森の物語』
『栗林慧の世界 アリの目から見た昆虫王国4K 森の王者編』
放   送:11月毎週金曜19:00~ ほか
番組詳細:https://www.cable4k.jp/feature/6736/

<J:COM Wonder Studio『4Kで甦る世紀のご成婚パレード(ダイジェスト版)』鑑賞会>
上映番組:『4Kで甦る世紀のご成婚パレード(ダイジェスト版)』
日時  :11月18日(月)~24日(日)
開場  :「J:COM Wonder Studio」(東京ソラマチ(R) イーストヤード5階)
入場料 :無料
※上映時間等、イベントに関する詳しい情報は 「jcomスカイツリータウン」で検索!

<「4K・VR徳島映画祭2019」概要 >
徳島県神山町の大自然を舞台に最先端の4K映像が楽しめる 、“4K、8K、VRに特化”した日本でたったひとつの映画祭。全国から集められた4K映像作品を上映・表彰など、映像業界の最先端を届ける一方、地域ならではの食や文化も味わうことができます。

日程:2019年11月22日(金)~24日(日)
会場:神山町立広野小学校旧校舎(徳島県名西郡神山町阿野字広野22)
主催:とくしま4Kフォーラム実行委員会
公式サイト:https://4kforum.jp/

<ケーブル4Kとは> https://www.cable4k.jp “4Kで彩られたニッポン”
一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟(東京都中央区、理事長:吉崎 正弘)が主体となり、日本デジタル配信株式会社がチャンネル運営を行い、同社とジャパンケーブルキャスト株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長兼COO:大熊 茂隆)が映像配信をしているケーブルテレビ全国共通の4K専門チャンネル。2015年12月開局。全国のケーブル局が制作した4K番組を調達・統一編成し、ケーブル4K採用局へ配信することで、〝地域発!ニッポンの魅力を美しい映像で〟毎日、お届けしています。

<日本デジタル配信について> http://www.jdserve.co.jp 
2000年4月設立。日本初のケーブルテレビ向けデジタル放送配信事業を軸として、ケーブル業界のデジタル化の推進に取り組み、現在は地上光ネットワークを用いたCSデジタル放送、BSデジタル放送等を全国のケーブル事業者に配信している。この他にも、VODプラットフォーム(みるプラス)やCATV情報アプリケーション(CableGate)といった配信サービスの提供、IDソリューションサービス、業務支援サービスなど、ケーブル事業者の課題解決や、サービス拡充に繋がる業務支援を幅広く提供。2015年12月からは、ケーブル業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」のチャンネル運営と配信事業も行い、ケーブル業界の4K化を推進している。

『4Kで甦る世紀のご成婚パレードTOKYO1959』©TBSビジョン/毎日映画社
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ