プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富士ゼロックス株式会社

琉球銀行における「業務マニュアル・規程」活用環境をAWS上に構築

2019/09/12

富士ゼロックス株式会社

琉球銀行における「業務マニュアル・規程」活用環境を
クラウド(アマゾン ウェブ サービス)上に構築
検索・即時アクセスをモバイル端末でも実現

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区、社長: 玉井 光一)は、
琉球銀行(本店: 沖縄県那覇市、取締役頭取: 川上 康氏)の、全行員がどこでも検索・閲覧可能な「業務マニュアル・規程管理閲覧システム」をアマゾン ウェブ サービス (AWS)上に構築いたしました。
このシステムは、業務・社内規程マニュアルの作成・改訂から公開に至る一連の業務を支援する当社のソフトウェア「Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4」をAWS上に構築し、データセンターを介して、業務用のiPhoneやiPadと繋ぐことで、本店・本部・営業店内に限定せず閲覧することを実現しました。モバイル画面での閲覧も見やすい設計になっており、業務PCだけでなく、iPhoneやiPadなどモバイル端末でも、事務手順を瞬時に検索・閲覧できます。
iPhoneからの検索はスマホ操作に慣れている若手行員の評価が高く、モバイル端末での閲覧は時間と場所の制約も受けないメリットが享受できるため、育児休暇中など休職中職員のスキル維持など、昨今、ますます多様化する働き方変革を支援する環境を提供しております(図参照)。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909100654-O1-25dMMH3a
「Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4」は、文書をXML形式の構造化ドキュメントとして扱えるソフトウェアで、コンテンツを業務単位の階層や、注意書き、画像、表、箇条書きなどの「部品」として認識、各種マニュアルなどの改訂管理・閲覧などにおいて、最新の正しい業務手順を維持し、即時周知させるためのさまざまな機能を提供します。
具体的には、
①編、章、節などのブロック単位での改訂履歴管理・新旧差分表生成による
管理業務支援
②改訂による参照先のリンク切れを発生させず、参照先表記の自動変更も行うアクセサビリティの維持
③項番や表示レイアウトも編集ツール側で自動変更・統一することで、コンテンツ内容の標準化推進と改訂作業の効率化
④部門名や特定語句の冊子横断 一括置換による改訂漏れ防止支援
─などを提供します。
利用者は
・見たい箇所に確実に早くたどりつけ、
・必要な情報の参照もリンク等で簡単にできる
ので、お客様対応のスピードやお客様満足度の向上に貢献します。
さらに、iPad/iPhone*注からでも同一コンテンツをモバイル用表示スタイルに自動変換し表示できるため、時間・場所にとらわれず、いつでも正しい業務プロセスを確認でき、ワークスタイルが変化しても、業務品質向上・維持を図ることができます。
今後、同機能により在宅勤務・テレワークに向けた環境を提供していくことで、金融機関および全てのお客様に対し、働き方改革推進に向けて貢献してまいります。
* 注 iPhone閲覧対応は個別開発実装。
◆Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4 標準ライセンス価格(税別)
・Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4:
サーバライセンス(改訂サーバ用)  3,000,000円
・Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4
検索閲覧 サーバオプションライセンス: 1,000,000円
・Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4
10クライアントアクセスライセンス
(改訂者/承認者用ライセンス):  100,000円
・設計・構築支援サービス:別途お見積り
・既存データ移行代行サービス:別途お見積り

注記:
別途、インストールメディアが必要です。
インストールできるサーバは基盤のCPUソケットが最大2つまでのものです。
CPUを1つ増設して2CPUで構成する場合は、
「Apeos PEMaster Manual Weaver 2.4 DB-CPU追加ライセンス」が必要です

・Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
・アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
・Apple、Appleロゴ、Macintosh、Mac、Macロゴ、iPhone、iPad、iPad Air、iPad mini、Retina、iPod、iPod touch、macOS、OS X、AppleTalk、EtherTalk、Bonjour、Bonjourロゴ、AirPrint、AirPrintロゴ、iTunes、iTunesロゴ、Safariは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

業務マニュアル・規程管理閲覧システム
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ