プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社テクムズ

AI 品質検査が、たった20 枚の不良サンプル数からスタート可能に!

2019年9月9日

株式会社テクムズ

AI 品質検査が、たった20 枚の不良サンプル数からスタート可能に!
~「DEEPS AI Inspector」を機能拡張~

 株式会社テクムズ(本社:名古屋市中村区、代表取締役:鈴木孝昌、以下 テクムズ)は、自社開発の品質検査AI の機能とサービスの拡張を行いました。これにより、最小枚数の不良画像からAI モデルを作成できるようになり、様々なワークに対しての外観検査AI がより導入しやすくなりました。また、AI と機械設備を含む、検査システムのワンストップソリューションサービスによる最適なソリューションも実現し、より多くのお客様のニーズに最適なソリューションを提供いたします。

■検査内容をステップアップさせる独自AI アルゴリズム
 従来の画像検査技術では、膨大な不良サンプルの数が必要でしたが、テクムズの独自技術を使うことにより、AI 学習に必要なサンプル(少量の異常サンプル+正常サンプル)の数量を最小限に抑え、最適・最短でのチューンアップを行い、早期導入を実現させることが可能となりました。まずは、少量の異常サンプル数(約20 枚~)で「違和感検知」からAI 検査をスタートさせ、最短で検査効率をアップさせます。その後、取得したサンプル数に合わせ、「不具合特定」を行い、原因の分析と精度の向上に活用することが可能です。これら2 つの検査の組み合わせにより、用途や目的に合わせ検査手法を段階的にステップアップさせながら、未知の不具合も逃さず検査を行うことができます。また、導入後の検査精度アップにAI の専門知識は必要なく、現場のオペレーターでも操作可能なため、導入後の負荷も最小限に抑えられます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909020291-O1-0M4aNCvH

■ニーズに合わせたワンストップソリューションの提供
  システム単体での提供から、機構を含むワンストップ型の提供まで、
 ニーズに合わせた最適な検査システムソリューションの導入が可能です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909020291-O2-8P63raQg

■テクムズ会社概要
 商号:    株式会社テクムズ   URL: http://www.tkmes.jp
 代表者:   代表取締役 鈴木 孝昌
 本部所在地: 〒450-0002
        名古屋市中村区名駅 3-26-21 TOMI ビル 3F
 事業内容:  業界最速の画像認識 AI を目指し、製造業の品質検査のなかでも
        人の目による目視検査が難しいとされる黒色ゴム/樹脂系製品の
        傷を検出する品質検査 AI 技術の開発を進めています。
■本件に関するお問い合わせ先: info@tkmes.jp
■お問い合わせ・簡易お見積りはウェブサイトトップページより:http://www.tkmes.jp/

DEEPS AI Inspector
検査内容をステップアップさせる独自AIアルゴリズム
ニーズに合わせたソリューション
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ