プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エコバックスジャパン株式会社

エコバックス、ベルリンで開催中のIFA 2019で新しいブランドVIを披露

9月5日

エコバックスジャパン株式会社

エコバックス、ベルリンで開催中のIFA 2019で新しいブランドVIと
DEEBOTの「Nothing Missed(何一つ逃さない)」お掃除体験を披露

次の20年を見据えるエコバックスの先進性を反映した新しいブランドVI

エコバックスジャパン株式会社[東京都新宿区/代表取締役 諸橋秀宜/本社:ECOVACS ROBOTICS(エコバックス ロボティクス)]は、本日、ベルリンで開催中のIFA 2019で、新しいブランドVI(ビジュアル・アイデンティティ)を発表しました。刷新されたVI、特にロゴには、世界の家庭用サービスロボット業界のリーディング・イノベーターとして急成長を遂げたエコバックスの姿が反映されています。また、VI刷新のタイミングは、ちょうどエコバックスの創立20周年に当たり、次の20年を見据える時期でもあります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909050428-O2-PaKnb5G7

エコバックスロボティクスのバイスプレジデント兼グローバルビジネス・ヘッドのジョナサン・タンは、次のように述べています。「エコバックスが新しいブランドVIを導入したのは、新しいテクノロジーを搭載したガジェットを好み、家庭用サービスロボットの美しい外観と実用的価値に理解を示す、新しい世代の若い消費者が魅力を感じるようなブランドイメージを構築するためです。新しいVIは、エコバックスと消費者とのコミュニケーションを推進し、国内外の市場におけるオンラインとオフライン両方のブランドエクイティ向上に貢献するでしょう。統一されたブランドVIにより、エコバックスのグローバル化戦略が加速し、ブランド、運営、人材のグローバル化がさらに進んでいくと確信しています」

エコバックスのロボティクスへの長期的なコミットメントを示す新ブランドVI

エコバックスの新VIには、ブランドロゴ、製品ブランドロゴ、標準フォント、標準カラー、音響効果、標準アニメーションなどのコア要素を含む包括的なブランド・ビジュアル・ランゲージが含まれています。IFA 2019で全世界に向けて発表された新ブランドロゴは、より丸みを帯びた輪郭、鮮やかでエネルギーに満ちたカラースキームとデザイン、シンプルなラインにより、これまでとは明らかに異なるスタイルになっており、ブランドのトーンにおける理性と感情の完璧なバランスを実現しています。
エコバックスの新ブランドVIは、「surrounding(取り巻くもの)」から着想を得ています。地球の周りを回る衛星は、潮汐を生じさせます。その潮汐は、地上のすべての生命を支える重要な役割を果たしています。また、人の周囲を取り巻く自然は、人と共存し、相互依存的で生存可能な世界を創り出します。それは、軌道上の衛星と地球が切り離せないのと同じです。エコバックスは、当社のロボットと人間がこのような関係になることを思い描いています。ロボットは、ただのツールからハウスキーパー、そして相棒となり、静かに、そして優雅に仕事をしながら、人間に清潔な生活空間を提供し、人の生活にとって欠かせないものとなるであろうことを強く確信しています。

新VIの発表に際して、ジョナサン・タンは次のように説明しています。「エコバックスは、次の20年、あるいは100年の間、サービスロボット業界の発展にとって重要な役割を果たすことを目標としています。新ブランドVIは、単なるロゴではありません。新VIには、革新的で活気にあふれたエコバックスブランドの精神とインテリジェントな家庭用サービスロボット・ブランドを確立することへの当社のコミットメントが示されています。エコバックスのロボットはすでに、世界中の1500万以上のご家庭に選ばれています」

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909050428-O5-c876DWC8

DEEBOT OZMO 950がIFA Product Technical Innovation Award(IFA製品技術イノベーション・アワード)を受賞

エコバックスはIFA 2019で、エコバックス初のAI搭載床用ロボット掃除機DEEBOT OZMO 950およびDEEBOT OZMO 960、業界初の窓用ロボット掃除機WINBOT Xなど、新たなシグネチャー製品を発表しました。来場者は、信頼できるサービス環境の中で、最先端の技術を実際に体験することができました。

DEEBOT OZMO 950には、エコバックスのSmart Navi™ 3.0レーザーマッピング&ナビゲーション技術とOZMO™マッピング機能が搭載され、「Nothing Missed*(何一つ逃さない)」お掃除体験を約束します。完全に自動化され、中断されることのない床掃除体験を披露したDEEBOT OZMO 950は、IFA Product Technical Innovation Award(IFA製品技術イノベーション・アワード)の、“Mapping Technology Innovation Gold Award(マッピング技術イノベーション・ゴールドアワード)”を受賞しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909050428-O4-sP999Muf

■エコバックスとは
エコバックスは国際的にも権威のある賞を多数受賞し、20年以上にわたりエコバックスでしか作れない製品を研究、開発してきた家庭用ロボットメーカーです。世界中のお客様に弊社製品の品質を保証するために、知的財産ポートフォリオを拡大し、今日、世界で345の商標と1,000を超える特許を保有しています。世界で初めてLDS技術を応用した、エコバックス独自の高性能マッピング&ナビゲーションテクノロジーを搭載したロボット掃除機を発売。また水量を調節しながらゴミの吸引と水拭きを同時に行うOZMOモップシステムを開発しました。床用ロボット掃除機以外にも、窓用ロボット掃除機、ロボット空気清浄機などを開発し、ロボットを通して、皆様に安心して快適な暮らしをご提供いたします。
https://www.ecovacs.com/jp/about-ecovacs/ecovacs-new-look/

*「Nothing Missed(何一つ逃さない)」は、DEEBOTが「何一つ逃さずに清掃する」ことと、ユーザーの「楽しい時間を逃さない」ことの2つの意味を持つクリエイティブな表現です。いくつかの研究結果は、エコバックスのラボによるテストおよびデータに基づいています。新しいDEEBOTは、さまざまな床タイプに対応し、家具の下や狭い溝でも中断することなく掃除することができます。実際の清掃能力は、条件や使用習慣により異なる可能性があります。

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ