プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

無電柱化推進事務局

台風21号から1年~電柱のない安全な街づくりについて考えてみませんか~

9月4日

無電柱化推進事務局

台風21号から1年~電柱のない安全な街づくりについて考えてみませんか~

 本日9月4日は、各地に甚大な被害をもたらした台風21号の日本上陸からちょうど1年が経過します。

 2018年8月28日に発生した台風21号。台風の接近・通過に伴って、特に四国や近畿地方では猛烈な風が吹き、暴風による飛来物や倒木等により、大阪府を中心に1700本以上の電柱が倒壊・折損し、倒壊した電柱により、道路閉塞による復旧活動の阻害や家屋・自動車等の損壊が発生しました。
 台風や地震などで電柱が倒壊すると道路通行を妨げ、被災地の救助や復旧を遅らせるリスクが高まります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909030348-O1-9zbO203I

 今、日本には約3,600万本の電柱が建っており、毎年、約7万本のペースで増加しています。
 国土交通省では、「防災」、「景観・観光」、「安全・快適」の観点から「無電柱化」を推進しています。

◎無電柱化とは・・・電柱を地中化することなどにより、道路から電柱・電線を無くすこと。
==========================================
「防災」・・・大規模災害(地震、竜巻、台風等)が起きた際に、電柱等が倒壊することによる道路の寸断を防止します。

「景観・観光」・・・景観の阻害要因となる電柱・電線をなくし、良好な景観を形成します。

「安全・快適」・・・無電柱化により歩道の有効幅員を広げることで、通行空間の安全性・快適性を確保します。
==========================================

災害時に、一人でも多くの命を救うためにも、無電柱化について考えてみませんか?
無電柱化の推進について、詳しくは国土交通省ホームページから
https://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/index.html

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ