プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社朝日ネット

電気通信事業者向けIPv6接続サービス「v6 コネクト」提供開始

2019年9月2日

株式会社朝日ネット

電気通信事業者向けIPv6接続サービス「v6 コネクト」の提供開始
~ オプションとしてDS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能を開発 ~

 株式会社朝日ネット(東証一部、本社:東京都中央区、代表取締役社長:土方 次郎)は、IPv6接続
サービス「v6 コネクト」を2019年9月2日より提供開始いたします。
また、「v6 コネクト」のオプションサービスとして、DS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能を
提供開始いたします。

1.サービス概要
 「v6 コネクト」は、当社が電気通信事業者向けに提供するIPv6接続サービスの新ブランド名です。
ネイティブ方式(IPv6 IPoE)によるIPv6インターネット接続機能に加え、オプションとしてIPIP方式
とDS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能を提供します。

2.IPv6接続サービスへの取り組み
 当社はNTT東日本およびNTT西日本が提供する次世代ネットワークサービスNGNに直接接続すること
により、ネイティブ方式(IPv6 IPoE)でのIPv6接続サービスを2017年4月より提供開始しました。

 第一弾として、当社が運営するISP「ASAHIネット」会員向けにIPv6接続サービスを2017年4月
より提供開始し、2019年8月末時点で70%の会員にご利用いただいております。
インターネットは様々な利用シーンの拡大により生活に欠かせないインフラとなる一方、多様な
コンテンツの流通による通信量が年々増加し続けています。このような環境の中、安定した高品質な
接続サービスを維持し続けるためにIPv4接続サービス(IPv4 PPPoE)とIPv6接続サービスの双方を
提供することで通信サービスの向上に努めております。

 第二弾として、他電気通信事業者向けにIPv6接続サービスを2018年9月より提供開始しました。
本事業をVNE事業と位置づけ、光コラボレーション事業者や法人顧客へ新たなソリューション提供として
事業拡大を図っております。

 既に提供しているIPIP方式によるIPv4 over IPv6接続機能は、ネイティブ方式(IPv6 IPoE)の
IPv6接続サービス上でグローバルなIPv4アドレスを固定的に割り当てることにより利用ポートの制限が
なくインターネットとエンドツーエンドでの通信が可能になります。これにより従来のIPv4アドレス
によるアクセス制御やVPN構築などをネイティブ方式(IPv6 IPoE)のネットワーク上でご利用いただけます。

 今回オプションとして新たに提供開始するDS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能は、電気通信
事業者が自ら提供するサービスにおいて既存のIPv4接続サービス(IPv4 PPPoE)との二重仕入の回避や
通信量の増加に係る通信仕入の最適化を実現しながら接続サービス品質の適切な維持管理が出来ることを
目的として開発いたしました。このようなニーズを保有する顧客を開拓することにより、更なる収益向上
を目指します。

 当社は自社運営するISP「ASAHIネット」でこれまで蓄積した効率的なオペレーションや
サポート等のノウハウを強みとして、今後の更なるサービスの開発、通信品質の向上に努めてまいります。

■ サービス概要
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909020295-O2-T0K5Q5X1

 基本サービス
  IPv6接続 IPv6インターネット接続機能
  
 オプションサービス
  IPv4 over IPv6 接続(DS-Lite) DS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能
  IPv4 over IPv6 接続(固定IP) IPIP方式によるIPv4 over IPv6接続機能

■ サービス名称・ロゴマーク
 (1)サービス名称
    v6 コネクト (ブイロク コネクト)

 (2)ロゴマーク
    
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909020295-O1-sVraoQ9w

 (3)サービスページ
    https://v6connect.net/

■ v6 コネクト提供開始日
       2019年9月2日(月)

以上

IPv6接続サービス「v6 コネクト」ロゴ
IPv6接続サービス「v6 コネクト」サービス構成
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ