プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

静岡市

静岡市立日本平動物園「夜の動物園」開催

2019年9月2日

静岡市

4日間限定!夕暮れ時から活発になるレッサーパンダをはじめ
動物たちの夜の行動を観察してみませんか?
静岡市立日本平動物園「夜の動物園」開催
~開園50周年記念イルミネーション「光のオブジェ」登場~
9月7日(土)、14日(土)、28日(土)、10月5日(土)の17:30~20:30

静岡市立日本平動物園は、夕暮れ時から活発になるレッサーパンダをはじめ動物たちの夜の行動を観察いただく目的で、9月7日(土)・14日(土)・28日(土)・10月5日(土)の4日間、恒例イベント「夜の動物園」を開催します。
 今年は、日本平動物園の開園50周年を記念して、「光のオブジェ」やフラミンゴの群れをイメージしたイルミネーションも登場します。
 「夜の動物園」は、今年で10回目を迎える恒例イベントです。静岡県内はもちろん首都圏からのお客様も年々増えており、昨年の来場者数は4日間で延べ約1万6千人でした。通常は見られない夜の動物園ならではの雰囲気をぜひお楽しみください。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909020282-O1-N09KMAzn
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201909020282-O2-7BYMGD5S
◆日本一、動物に近づける行動展示を目指した魅せ方
 日本平動物園は、生き生きとした動物の姿をさまざまな角度から間近に観察できる行動展示を行っています。昼間とは異なる動物たちの様子をお楽しみください。

◆開園50周年記念イルミネーション「光のオブジェ」登場
 8月1日に開園50周年を迎えたことを記念し、ふれあい動物園に「光のオブジェ」や正面エントランスにフラミンゴの群れをイメージしたイルミネーションが登場。ぜひご一緒に写真を撮影ください。

◆レッサーパンダの聖地・静岡市
 静岡市は、日本国内のレッサーパンダの繁殖管理を担う「レッサーパンダの聖地」としてレッサーパンダを絶滅の危機から救う活動に力を入れています。その拠点である日本平動物園では、現在9頭のレッサーパンダを飼育しています。特に夕暮れ時から活発になるレッサーパンダは昼間より、涼しい夜が活発に動きます。

静岡市立日本平動物園「夜の動物園」概要
◆開催日:9月7日(土)、14日(土)、28日(土)、10月5日(土)
◆夜の動物園 開園時間:17時30分から20時30分(入園は19時30分まで)昼夜完全入替制
           ※通常の営業時間は、 9時~16時30分(入園は16時まで)
◆開催場所:日本平動物園(所在地 静岡市駿河区池田1767-6)
◆夜の動物園 アクセス:JR東静岡駅南口発着の無料シャトルバス
                                 運行時間17時から21時まで(動物園行き最終19時発)
※自家用車での来園は、事前申込制の駐車整理券が必要となります。(駐車料610円)事前申込については、日本平動物園公式WEBサイトをご覧ください。
※入園についての制限はありませんので、駐車整理券をお取りできなかった場合も、自家用車以外(無料シャトルバス・タクシー等の交通機関等)でご来園いただけます。
◆電話番号:054-262-3251
◆入園料:《一般》個人610円、団体490円 《小中学生》個人150円、団体120円
◆公式WEBサイト:https://www.nhdzoo.jp
※駐車料、入園料について:消費税率の引き上げに伴い、10月1日より駐車料および入園料《一般》は、上記価格からそれぞれ10円プラスとなります。

日本平動物園では、この度これまで取り組んできたレッサーパンダの保護に関する活動を広く発信するため、「レッサーパンダの聖地・静岡市」特設ページを、公式WEBサイト内に開設しました。ぜひ合わせてご覧ください。
公式WEBサイト(https://www.nhdzoo.jp/red-panda/

開園50周年記念 「光のオブジェ」登場(画像は過去のもの)
夕暮れ時から活発になるレッサーパンダをはじめ、動物たちの夜の行動を観察
「夜の動物園」昨年の様子
「夜の動物園」昨年の様子
「夜の動物園」昨年の様子
「夜の動物園」昨年の様子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ