プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アキレス株式会社

高速レスキューボート「ARD730」「レッドブル・エアレース千葉2019」に 救助艇として協賛

2019年8月30日

アキレス株式会社

高速レスキューボート「ARD730」
「レッドブル・エアレース千葉2019」に
救助艇として協賛

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、2019年9月7日(土)・8日(日)に千葉県立幕張海浜公園(千葉市美浜区)で開催される「Red Bull AIR RACE CHIBA 2019(以下レッドブル・エアレース千葉2019)」を、昨年に引き続き複合型高速レスキューボート「ARD730」で協賛します。

 「ARD730」は「レッドブル・エアレース千葉2019」の開催期間中、サポート救助艇として現場海域の安全確保や飛行機不時着時のパイロット救出などの任務につきます。

■「ARD730」について
 優れた静止安定性を持つ複合型高速レスキューボート(RIBボート)です。船底部にディープVハルを採用し高い波切性能を確保しつつ、外周に装備したエアーチューブで優れた静止安定性も実現。最大搭載300馬力を誇り、軽荷で40knot/hの速力性能を発揮します。船体中央に320リットルの大型燃料タンクを装備し、3時間以上の全開走行が可能です。

■「レッドブル・エアレース」について
 2003年にレッドブル社の企画で始まった、曲技飛行パイロットによるエアレースシリーズの総称で、「空のF1」とも呼ばれています。「レッドブル・エアレース千葉 2019」は2019年シーズンの第4戦(シリーズ最終決戦)となります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908300200-O1-Ac847jKV
【ARD730(2018年大会)】

【ユーザーからのお問い合わせ先】
アキレス株式会社
【引布販売部 マリン引布課】
部長 久昌 貫之
TEL:03-5338-9360
〒169‐8885 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー

【ARD730(2018年大会)】
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ