プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大鵬薬品工業株式会社

新規ベンチャーファンドへの出資に関するお知らせ

2019年8月29日

大鵬薬品工業株式会社

新規ベンチャーファンドへの出資に関するお知らせ

大鵬薬品工業株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、Remiges Ventures(拠点:東京、米国ボストン・シアトル、代表:稲葉太郎)が設立したRemiges BioPharma Fund Ⅱ, LPに対し、最大累計で30百万米ドルを出資する契約を締結したことをお知らせします。なお、大鵬薬品は2014年に設立されたRemiges BioPharma Fund Ⅰ, LPに対しても、今回と同額の出資を実施しています。

大鵬薬品は、これまで米欧の大学、研究所、成長初期段階のベンチャーとのオープンイノベーションのプラットフォームの一つとして、Remiges BioPharma Fund Ⅰを活用してきました。今後、米欧・イスラエル・日本などのアーリーシードを有するベンチャー企業とのネットワークを構築・強化し、革新的なテクノロジーに積極的にアクセスすることで、さらなる新薬開発力の強化を図ります。また、Remiges Venturesへ社員を派遣し、グローバル視点で目利き力を有する人材の育成も引き続きおこないます。

大鵬薬品は、これまで長年培ってきた自社創薬基盤に加え、外部の有望かつ新たなテクノロジーに投資することで、世界に貢献できる革新的なポートフォリオを拡充させていきたいと考えています。

【Remiges BioPharma Fund Ⅱの概要】
ファンド名:Remiges BioPharma Fund Ⅱ, LP(レミジェス・バイオファーマ・ファンドⅡ)
設立時期:2019年6月
活動拠点:日本 東京、米国 ボストン・シアトル
ファンドの規模:最大150百万ドル
ファンドの期間:10年間
投資分野:シード・アーリーステージの医薬品および医療機器
投資地域:北米・欧州・イスラエル・日本など
URL:www.remigesventures.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ