プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ウィスク・イー

プレスリリース:京都蒸溜所 プレミアムシリーズ第1弾『季の珠 京都ジン シリーズ1玉露』

2019年8月28日

株式会社ウィスク・イー

ジンの概念を変える新たなる挑戦
京都蒸溜所 プレミアムシリーズ第1弾
『季の珠 京都ジン シリーズ1玉露』を限定発売

株式会社ウィスク・イー(東京都千代田区 代表取締役社長 遠山公隆)は、京都蒸溜所のプレミアムシリーズ『季の珠(じゅ)』の第1弾『季の珠 京都ジン シリーズ1玉露』(以下『季の珠 玉露』)を8月下旬に発売することをお知らせいたします。

『季の珠 玉露』は京都蒸溜所が完全数量限定でお届けするプレミアムシリーズで、第1弾はフラッグシップ商品「季の美 京都ドライジン」(以下「季の美」)のボタニカルのひとつである玉露を栽培している堀井七茗園との新たなるコラボレーション商品です。

『季の珠 玉露』には堀井七茗園が所有する奥ノ山茶園で栽培された希少な手摘み玉露「奥の山」を使用しています。室町時代に足利義満が認定した七つの茶園「宇治七茗園」の中で唯一現存する奥ノ山茶園は、15世紀から約600年の間脈々と茶栽培が営まれてきた宇治最古の茶園です。その名園から選抜され、宇治の伝統的な覆い下栽培で育てられた固有の遺伝子を持つ品種「奥の山」は、フルーティな香りと旨味が凝縮された堀井七茗園が誇る珠玉の玉露です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908280099-O4-UrgIakB4
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908280099-O10-6dHSh491

2018年度 に奥ノ山茶園で収穫された玉露はわずか7㎏程で、このうちの約3㎏を『季の珠 玉露』に使用しています。京都蒸溜所では「奥の山」の味わいを最大限に活かす為に小さな銅製ポットスチルで丁寧に蒸溜し、華やかでグリーンな香り、まろやかな甘みに満ちた原酒を抽出しました。そしてこの原酒に「季の美」に使用しているボタニカルや新たなボタニカルの原酒*をブレンドして様々な分析を行い、約1年の期間をかけて『季の珠 玉露』を完成させました。「奥の山」の繊細な甘みと旨味が濃縮し、穏やかなジュニパーの香りが絶妙に溶け合う優雅な味わいはストレートやロックがおすすめです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908280099-O3-mu1IYhoD

ラベルやパッケージなどは1624年(寛永元年)京都に創業し、日本で唯一江戸時代から続く唐紙屋を継承する雲母唐長(KIRA KARACHO)が文様監修したデザインを用いています。京都府北部の黒谷和紙の手漉き和紙に「珠」(宝珠)をモチーフにした板木を1枚ずつ摺り6等分にしてボトルに配しました。

また、1843年に京都で創業した川島織物のベルベット巾着がボトルを包み、京都の木工職人の手造りによる桐箱には凛々しい「珠」の文様をデザインしています。ボタニカルに使用している極上の玉露をそのままお楽しみいただけるように希少な「奥の山」の茶葉も同封しました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908280099-O15-2EMg6QGE
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908280099-O9-TeX7ACvv

京都蒸溜所の理念は「ジンの概念を変える」ことです。『季の珠 玉露』は原料から製造方法、パッケージデザインに至るまで京都の皆様のお力添えのもとに前例のないジン造りを追求した逸品です。

つきましては、本件のプレスリリースをお送りいたします。
是非貴メディアにてご紹介をご検討いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ