プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

リフィニティブ・ジャパン株式会社

リフィニティブ、「スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン 2019」発表

2019年8月21日

リフィニティブ・ジャパン株式会社

リフィニティブ、「スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン 2019」発表
証券会社部門トップは大和証券、ゴールドマン・サックス証券と野村證券が2位タイ
投資判断総合はメリルリンチの岩井崇氏、業績予想総合はみずほ証券の鈴木博行氏が受賞

リフィニティブ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:富田秀夫、以下「リフィニティブ」)は本日、「スターマイン・アナリスト・アワード・フロム・リフィニティブ・ジャパン 2019」を発表しました。本アワードはリフィニティブのスターマイン独自の測定基準によるもので、日本株式アナリストおよび証券会社の表彰は今年で15年目となります。
本年度のアナリスト・アワードでは、証券会社部門で大和証券が1位、ゴールドマン・サックス証券と野村證券が2位で並びました。投資判断総合部門はメリルリンチ日本証券の岩井崇氏、業績予想部門はみずほ証券の鈴木博行氏がそれぞれ選ばれました。

スターマインは、投資判断による超過収益率および業績予想の正確性に基づき、独自の確固たるメソドロジーによりセルサイド株式アナリストのパフォーマンスを客観的に評価するものです。2019 年のアナリスト・ランキングは、昨年7月1日から今年6月30日の12 カ月間の推奨銘柄のパフォーマンス、また業績予想に関しては直近会計年度ベース(2019年3月期)の予想にそれぞれ基づき、優れた成果を挙げたアナリストを選出しました。

リフィニティブ・ジャパンの富田秀夫は次のように語っています。「授賞したアナリストならびに各企業の皆様に心よりお祝い申し上げます。スターマイン・アナリスト・アワードは、独自に開発した頑健性の高いメソドロジーによりセルサイド株式アナリストのパフォーマンスを客観的に評価するもので、今年で15年目を迎えました。セルサイドのアナリスト評価方法として金融業界でも注目を集めており、リフィニティブでも、引き続きリサーチの高度化に貢献するための取り組みを進めていく所存です。」

本アワードは、当該業種ベンチマークに対する推奨銘柄のパフォーマンスに基づく「投資判断部門」と、同ピア・グループと比較した収益予想の正確性による「業績予想部門」、両部門での表彰アナリストの合計人数で上位証券会社を表彰する「証券会社部門」に分かれています。

ランキング対象アナリスト数および証券会社数
本ランキングにおいて日本株アナリスト399名が投資判断総合部門と業績予想総合部門の双方で対象となりました。このうち投資判断は354名、業績予想は386名でした。対象アナリストが所属する証券会社数は 29社。業界のベンチマークを上回る成績「エクセス・リターン」を挙げた対象アナリストの割合は53%と、これらアナリストが投資判断で成功していることが示されました。

スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン 2019の表彰アナリスト・証券会社一覧 (*敬称略) :

1. 証券会社部門
順位 会社名
1 位 大和証券
2 位 ゴールドマン・サックス証券
2位 野村證券

2. 投資判断総合部門(総合 1 位)
アナリスト 会社名
岩井崇   メリルリンチ日本証券

3.業績予想部門(総合 1 位)
アナリスト 会社名
鈴木博行 みずほ証券

4. 投資判断部門(業種別の各 1 位)
業種      アナリスト           会社名
自動車     垣内真司           モルガン・スタンレーMUFG証券
銀行      デイビッド・スレッドゴールド  キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ
化学      榎本尚志           メリルリンチ日本証券
エネルギー   張谷幸一           いちよし経済研究所
&公共事業 
娯楽      岸本晃知           岡三証券
金融サービス  デイビッド・スレッドゴールド キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ
食品・飲料   下川寿幸           立花証券
ヘルスケア   山崎清一           いちよし経済研究所
ホテル・    該当なし           該当なし
レストラン&レジャー 
家庭用耐久財  綾田 純也           ドイツ証券
資本財・    寺田寛之           ハイトンインターナショナルジャパンインベスト
サービス 
インタラクティブ 該当なし          該当なし
・メディアおよびサービス 
機械       高山周作          岡三証券
メディア     納博司           いちよし経済研究所
金属&紙製品   ファム・タアインハ     ジェフリーズ証券
・林産品 
不動産      竹内一史          UBS証券
小売り      河野祥           ゴールドマン・サックス証券
ソフトウェア   岩渕啓介          岡三証券
&ITサービス 
テクノロジー   花屋武           SMBC日興証券
ハードウェア 
電気通信サービス ニール・アンダーソン    HSBCグローバル・リサーチ
商社・流通業   成田康浩          野村證券
運輸       吉田真司          CLSA証券

5. 業績予想部門(業種別の各 1 位)
業種       アナリスト          会社名
自動車      湯澤康太           ゴールドマン・サックス証券
銀行       松野真央樹          みずほ証券
化学       榎本尚志           メリルリンチ日本証券
エネルギー&   荻野零児           三菱UFJモルガン・スタンレー証券
公共事業 
娯楽       森はるか           JPモルガン証券
金融サービス   原貴之            SMBC日興証券
食品・飲料    角山智信           三菱UFJモルガン・スタンレー証券
ヘルスケア    吉田正夫           いちよし経済研究所
ホテル・     石原太郎           大和証券
レストラン&レジャー 
家庭用耐久財   榮哲史            大和証券
資本財・サービス 吉田純平           野村證券
インタラクティブ 該当なし           該当なし
・メディアおよびサービス 
機械       堀田賢人           メリルリンチ日本証券
メディア     長尾佳尚           野村證券
金属&紙製品   鈴木博行           みずほ証券
・林産品 
不動産      竹村淳郎           モルガン・スタンレーMUFG証券
小売り      河野祥            ゴールドマン・サックス証券
ソフトウェア   田中秀明           三菱UFJモルガン・スタンレー証券
・ITサービス 
テクノロジー   高山大樹           ゴールドマン・サックス証券
ハードウェア 
電気通信サービス 安藤義夫           大和証券
商社・流通業   森本晃            SMBC日興証券
運輸       ネイサン・ジー        メリルリンチ日本証券

表彰アナリストの全リストならびに「スターマイン・アナリスト・アワード 2019」の評価方法は、こちらよりご確認いただけます。 

                                                     以上

スターマイン・アナリスト・アワードについて
「スターマイン・アナリスト・アワード」はリフィニティブのアナリスト・ランキングに基づくもので、投資推奨による収益率および収益予想の正確さを基準にして世界のトップ・アナリストおよび証券会社を評価しています。同ランキングはリフィニティブI/B/E/Sの収益予想データと銘柄推奨データ、およびGICS (Global Industry Classification System) の業種分類を採用しています。本アワードは、1998年より業界で採用されているスターマインが集計する株式アナリストのパフォーマンス・データを用いて選出されています。詳しい情報はhttp://www.analystawards.comをご覧ください。

リフィニティブについて
Refinitivは世界有数の金融データのプロバイダーで、190カ国以上で4万社を超える企業・機関にサービスを提供しています。先導的なデータとインサイト、トレーディング・プラットフォーム、市場データ・インフラストラクチャー、オープン・テクノロジー・プラットフォームの提供を通じて、世界の金融市場コミュニティを相互に接続し、発展を支えます。それによりトレーディング、投資、ウェルスマネジメント、規制およびマーケットデータ管理、企業が抱えるリスク、金融犯罪対策などの分野において進化をもたらす先駆者としての役割を果たしていく所存です。詳しくはウェブサイトをご参照下さい。https://www.refinitiv.com/ja

スターマイン
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ