プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社レスポン

アクティブラーニングツール "respon(レスポン)" に新バージョンが登場

2019年 8月20日

株式会社レスポン

アクティブラーニングツール "respon(レスポン)" に新バージョンが登場

「もっとリアルタイムに。」
"色・音・共有・ランキング" で 新しい学びの体験を提供

 株式会社レスポン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森田真基)は、教育機関向けリアルタイムアンケートシステム "respon(レスポン)" の新バージョンを発表します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908199782-O1-6zCk4eBF
新respon(仮称)の画面  ※画面は開発中のものです。

 教育機関向け "respon" は、教室の中で教員と学生との双方向コミュニケーションを実現するためのツールとして 2015年4月にリリースされました。 学生は専用のスマホアプリを使って、教員が作成したアンケートに回答。 その集計結果を即座に教室のプロジェクタに投影したり、各学生のスマホで閲覧したり、学生同士で相互評価したりすることが可能です。 昨今、注目されている「アクティブラーニング」を実現するツールとして、また、授業での出席確認のツールとして多くの大学で導入されています。
 さらに2017年からは、企業向け "respon" の提供を開始。多くのイベントや研修などでも "respon" をご利用いただいています。

 レスポン社では、この教育機関向け "respon" を大幅にバージョンアップした「新respon(仮称)」の開発を進めており、2020年4月にリリースを予定しています。
 新respon の開発テーマは「もっとリアルタイムに。」
 これまでの大学での運用実績に加えて、企業イベント・研修等での豊富な運用経験を元に、独自の様々な機能を数多く実装します。

 従来の教育機関向け "respon" は、教員が学生の意見や考えをリアルタイムに把握し、スピーディなフィードバックを可能にすることで、教室内における学生の共感と参加意欲を生み出すツールでした。
新respon では、教員が得られるリアルタイム情報を大幅に増強するとともに、教員間のコミュニケーションを喚起する機能も追加。さらに、色や音を効果的に活用したデザインにより、いっそう学習意欲を高める工夫をしています。

「もっとリアルタイムに。」 新respon の機能の一部をご紹介

<教員向けダッシュボード>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908199782-O10-Oonu9ZF4
 教員が日常的にアクセスするダッシュボード画面では、担当する全ての授業における "respon" の提出状況をリアルタイムに表示。さらに、各授業がどれくらい活発かを示す「活性化率(仮称)」をグラフで表示します。 「活性化率」の推移は、授業ごと、あるいは過去の授業・他の授業と比較しながら、リアルタイムに把握できるようになります。
 また、ダッシュボードでは他の教員が授業で "respon" を利用している様子も表示。あたかも他の先生の授業を見学しているような体験を提供します。

<LIVEサウンド>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908199782-O4-5qdR0M8k
 アンケートの集計状況をリアルタイム表示する「LIVE画面」に、新たにサウンド機能が追加されます。 提出状況に合わせて鳴る「音」によって、「LIVE画面」をプロジェクタに表示しなくても、学生のアクション(課題の提出、質問の投稿、出席の確認など)を教室中で共有することができるようになります。

<テーマカラーセレクタ>

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908199782-O6-qwCFEFFO
 教員はアンケートごとに「色」を指定でき、その色が学生のスマホアプリ画面やLIVE画面にも反映されます。アンケートの対象者や目的を明確にするために、様々な色を使い分けることができるようになります。

<リアルタイム・ランキング>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908199782-O9-8qM6DX92
 教員の "respon" の利用状況をリアルタイムに表示。 活性化率などの "respon" の情報から、学校全体の中での様々な自分のランキングがわかります。 また、学校側もランキングに注目することで、上位ランカーの効果的な "respon" 活用方法や授業方法を、学内の他の教員と共有することが可能となります。

 開発中の 新 respon(仮称)を、2019年8月22日(木)より開催される「富士通フォーラム2019 名古屋」* にて展示致します。ぜひご来場ください。
「もっとリアルタイムに。」のテーマのもと、レスポン社は教育機関向け "respon" の他、企業向け "respon" にも新しい機能を追加してまいります。ご期待ください。

* … 富士通フォーラム2019 名古屋 の詳しい情報は以下のウェブサイトをご覧ください。
https://event.jp.fujitsu.com/2019/nagoya/

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908199782-O8-1v0usXpE
「もっとリアルタイムに。」のキービジュアルは
CEDEC2019 会場にて公開します。
https://cedec.cesa.or.jp/2019/

新respon(仮称)の画面  ※画面は開発中のものです。
新respon(仮称)|教員向け ダッシュボード
新respon(仮称)|LIVEサウンド
新respon(仮称)|テーマカラーセレクタ
新respon(仮称)|リアルタイム・ランキング
「もっとリアルタイムに。」のキービジュアルは、CEDEC2019 会場にて公開!
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ