プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大正製薬株式会社

ヘパリン類似物質、プラセンタエキス併用時の有用性について日本美容皮膚科学会にて発表

2019年8月20日

大正製薬株式会社

ヘパリン類似物質、プラセンタエキス併用時の有用性について
日本美容皮膚科学会にて発表

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区 社長:上原 茂](以下、当社)は、ヘパリン類似物質及びプラセンタエキスを含有した外用剤の有用性に関して、第37回日本美容皮膚科学会総会・学術大会(期間:7月27日~7月28日)にて発表いたしました。

ヘパリン類似物質は医薬品の保湿剤として広く用いられており、近年そのニーズは高くなっています。今回、ヘパリン類似物質と広く美白作用が知られているプラセンタエキスを含有した外用剤の有用性を確認しました。また、ヘパリン類似物質とプラセンタエキスの作用についても評価を実施しました。発表の概要は以下の通りです。

1. ヘパリン類似物質及びプラセンタエキスを含む外用剤に関し、30~50代の日本人女性に対して連用試験を行い、その有用性を確認しました。角層水分量の増加及びシミ面積の減少が認められました。さらに、連用により経時的に乾燥の改善や肌の明るさを実感する割合が増える傾向が認められました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908209798-O1-66i1lhv5
2. 正常ヒト表皮角化細胞を用いた試験において、ヘパリン類似物質はトランスグルタミナーゼの遺伝子発現を上昇させることによる皮膚バリア機能の向上、プラセンタエキスはヒアルロン酸合成酵素の遺伝子発現を上昇させることによる角層水分量の増加に寄与する可能性が示されました。

以上のように、ヘパリン類似物質とプラセンタエキスの皮膚に対する有用性を、連用試験及び細胞試験で確認することができました。当社は今回の研究成果を活用し、美しくありたいと願う生活者に役立つ製品の開発を進めてまいります。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ