プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

【チャットボット】「轟雷ゼロ」のLINEトーク数が45万回を突破!

2019年8月15日

NTTレゾナント株式会社
株式会社壽屋

チャットボット「轟雷ゼロ」LINEトーク数が45万回を突破!
~gooと壽屋の共同プロジェクト「ファクトリーアドバンス・ゼロ」の成果報告~
https://botmaker.goo.ne.jp/fad-zero/

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)と、プラモデルやフィギュア制作を手がける株式会社壽屋(本社:東京都立川市、代表取締役社長:清水 一行、以下壽屋)は、共同プロジェクト「ファクトリーアドバンス・ゼロ」において、壽屋原作のアニメ「フレームアームズ・ガール(*1)」の世界観を再現するチャットボット「轟雷ゼロ(ゴウライゼロ)」を2019年5月15日より提供しています。研究員による「轟雷ゼロ」の育成期間が終了した2019年7月31日時点において、「轟雷ゼロ」とユーザーのLINEトーク数(*2)が45万回を突破したことをお知らせします。

1. ファクトリーアドバンス・ゼロについて
 「ファクトリーアドバンス・ゼロ」は、人気アニメ「フレームアームズ・ガール」の世界観を再現しているチャットボット「轟雷ゼロ」を、1,700人強の中から選ばれた研究員とともに育成するプロジェクトです。
 研究員が育成画面から「轟雷ゼロ」の応答パターンを登録し、承認された応答パターンのみAI対話エンジンへ反映されます。「轟雷ゼロ」は、登録された4,500以上の応答パターンをAI対話エンジン「gooのAI(*3)」を通じて学習しました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908149681-O1-1aK9VW9y
研究員による育成画面

2. ユーザーに寄り添い共感する「轟雷ゼロ」へ進化
 「ファクトリーアドバンス・ゼロ」は、「轟雷ゼロ」をLINEで公開中です。ユーザーからの「もうボロボロだよ・・・」「大丈夫じゃない」などの発話に対して、「轟雷ゼロ」は「大丈夫ですよ」「ダメじゃないです」といったユーザーに寄り添い共感を示す応答を返します。
 育成期間中、研究員が常に応答パターンを登録し、「轟雷ゼロ」が日々新たな反応をすることで、ユーザーはあたかも「轟雷ゼロ」が感情を理解していくような過程を体験できました。
 これらも話題となり、提供開始から2ヶ月半程度経過した2019年7月31日時点で、「轟雷ゼロ」とユーザーのLINEトーク数が45万回を突破しました。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908149681-O8-T59109x1 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908149681-O2-jOw8LJ1R 】 
LINE@のトーク画面

「ファクトリーアドバンス・ゼロ」について  : https://botmaker.goo.ne.jp/fad-zero/
アニメ「フレームアームズ・ガール」について: http://fagirl.com/

3. 利用方法
 LINEにおいて、QRコードもしくは「友だち追加」から「@fadz」と検索し友だちになることで利用できます。
 LINE@ 友だち追加URL:https://line.me/R/ti/p/%40smx3858j
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908149681-O4-fKDB4W6K
 ※2019年7月31日時点で研究員の育成期間は終了していますが、LINEでの「轟雷ゼロ」は利用可能です。

4. 今後について
 gooは、あらゆるユーザーが簡単にチャットボットを作成できるサービス「goo botmaker」の提供を目指しています。キャラクターコンテンツを持つ企業やアイドルが所属するプロダクション企業などと検討を進めており、様々な共同プロジェクトを今年中に実行し、「goo botmaker」のサービス実現に向けて取り組んでいきます。
 壽屋は、従来のホビービジネスだけに留まらず本件の取り組みを通じてデジタルコンテンツへの事業領域拡大に今後も注力して参ります。

【補足】
(*1) シリーズ累計出荷数150万個以上突破のプラモデルを原作として、2017年4月に全世界で放送・配信されたTVアニメ。フレームアームズ・ガールと呼ばれる完全自律型の小型ロボットが、主人公との生活から感情を学んでいく物語。
(*2) ユーザーの発話に対して「轟雷ゼロ」が応答した回数をトーク数としています。
(*3)「gooのAI」は、ポータルサイト「goo」を通じて蓄積したインターネットに関わる技術やノウハウと、NTTグループのAI関連技術「corevo®※」(http://www.ntt.co.jp/corevo/)を活用し、NTTレゾナントが独自に開発した技術です。ディープラーニングを活用した会話の文脈理解や、長文での回答生成が可能なため、ユーザーとの自然で多様な対話を実現します。

※「轟雷ゼロ」の利用には、LINEアカウントが必要です。
※「轟雷ゼロ」は利用者から送信されたテキストデータに対して応答します。静止画、動画に対しては応答しません。
※ LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。
※「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908149681-O6-yNnV8muY
※本リリースを利用する際は、下記の権利表記のご掲載をお願いいたします。
©KOTOBUKIYA / FAGirl Project

※記載されているサービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

研究員による育成画面
LINE@のトーク画面_1
LINE@のトーク画面_2
QRコード
「corevo」ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ